コンフォートシングル、シングル、スタンダードの違い

Sponsored Link

コンフォートシングルルームとシングルルームとスタンダードシングルルームの違いはどこにあるのでしょうか。

観光旅行やビジネスで利用するホテルの客室には、いろいろなグレードのルームが用意されています。

ホテルの客室は、英語が意味するものと私たち(日本人)のイメージでは違いがあるので注意が必要です。

ホテルのルームタイプには、「シングル」・「ツイン」・「トリプル」・「クアッド」などがあります。

「シングル」・「ツイン」・「トリプル」・「クアッド」は「ベッドの数」ではありません。

「シングル」・「ツイン」・「トリプル」・「クアッド」は「宿泊人数」を表しています。

「シングル」タイプで、「シングルルーム」という場合は、基本的に「シングルベッドが1台の部屋に1人で泊まること」を指しています。

「ダブル」とは、2人が眠れる大きさのダブルベッド・クイーンサイズベッド・キングサイズベッドなどが1台置かれた部屋に2人で泊まることを指します。

ダブルルームを1人で利用する場合は「ダブルルームのシングルユース」といいます。

ダブルルームを1人で利用しても「ダブル」の料金が請求されます。

「ツイン」とは、「ベッドが2台ある部屋に2人で宿泊すること」を指しています。

ハリウッドツインと呼ばれる部屋のタイプでは、シングルベッド2台を密着して並べて一見ツインベッドには見えませんが「ツイン」になります。

「トリプル」は、「ツインルームまたはダブルルームに3人で宿泊すること」を意味しています。

トリプルルームには、クイーンサイズベッド2台、もしくはキングサイズベッドが1台というのが普通です。

一部の国・地域では、シングルベッド3つの部屋がある場合もあります。

「クアッド」は、「ダブルルーム、またはツインルームに4人で泊まること」を意味しています。

ベッドはキングサイズ1台またはクイーンサイズ2台となるのが普通です。

「クアッド」は、添い寝可能な年齢の子供を連れたファミリー向きの使い方になります。

クアッドルームを大人4人で利用するのには無理があるようです。

 

次に、コンフォートシングル・シングル・スタンダードのルームの紹介をします。

 

スポンサーリンク

コンフォートシングルとシングル

 

40130971300000051

 

コンフォートシングルルームとシングルルームの違いがわからない人も多いようです。

コンフォートルームは、ホテルによって「ラグジュアリー」・「デラックス」などと名称が変わります。

コンフォート・ラグジュアリー・デラックスは同じ意味で使われています。

スタンダードよりもワンランク上の部屋を表すときに、コンフォートルーム・ラグジュアリールーム・デラックスルームなどの名称がつきます。

コンフォートシングルルームは、シングルルームよりワンランク上の部屋という意味になります。

部屋のグレードの名称では、スタンダード<コンフォート=ラグジュアリー=デラックス<セミスイート<スイートになるようです。

ホテルによっては部屋のグレードの名称を、スタンダード<デラックス<エグゼクティブ<スイート<エグゼグティブスイート<プレジデンシャルスイートなどにしている場合もあるようです。

次に、スタンダードルームの紹介をします。

 

スタンダード

 

room01_02-thumb-582x396-1052

 

コンフォートシングルルームはシングルルームのワンランク上の部屋になります。

スタンダードシングルとは、普通のシングルルームのことです。

スタンダードシングルルーム<コンフォートシングルルームになります。

 

コンフォートシングルとスタンダードシングルの違い

 

標準的なホテルでのコンフォートシングルルームとスタンダードシングルルームの違いを紹介します。

コンフォートシングルルームには、

・ズボンプレッサー・加湿器・湯沸かしポット・シャンプー・リンス・メンズケアパック・ドライヤーがあります。

スタンダードシングルルームには、

ズボンプレッサー・加湿器・メンズケアパックは常備されていません。

リンスも、リンスインシャンプーになっています。

ドライヤーはコンフォートタイプよりもワンランク下になります。


PAGE TOP