親戚、いとこ、兄弟、友人への出産祝いの相場。いつ渡す?

Sponsored Link

出産祝いの相場を知っていれば兄弟に出産祝いを贈るときに役立ちます。

出産祝いの相場は親戚と友達では違うのでしょうか。

出産祝いの相場は日頃の付き合いの深さでも変わります。

兄弟間の出産祝いでも40代になると金額が上がりそうですね。

出産祝いは、赤ちゃんの誕生を祝い贈る現金や品物のことです。

赤ちゃんが生まれたご夫婦へ(赤ちゃんのお父さんとお母さんに)、あるいは赤ちゃん自身にお祝いを贈ります。

出産祝いに何を贈れば良いのか悩んだことはありませんか。

現金を贈るか・品物を贈るか、原因を贈る場合の相場などです。

出産祝いのスタイルには大きく分けて3つあります。

・出産祝いとしてプレゼントを贈る

・現金や商品券などを贈る

・手紙やメールや電報でお祝いのメッセージを送るなどです。

一般的な出産祝いは現金や商品券やプレゼントが多いようです。

日頃の付き合いがない時には、現金・商品券・プレゼントなど悩むときがあります。

そのような時は、メッセージだけでもマナー違反にはなりません。

出産祝いを贈るタイミングも考えなければいけません。

母子の体調がすぐれ寧時に出産祝いを贈ってしまうと、相手の家庭に負担をかけてしまいます。

出産祝いを贈る前に、産後の母子の健康状態や産後の母子の状況などを調べてから出産祝いを贈るタイミングを見てください。

出産祝いを贈るタイミングは、母子の体調を見てからになります。

一般的には、生後7日~1ヶ月程度に出産祝いを贈ることが多いようです。

出産祝いを贈るタイミングについては地域差もあります。

出産された相手が住んでいる地域や主産祝いの贈り物の傾向などを調べると良いかもしれません。

 

次に、出産祝いの相場・兄弟の出産祝いの相場・親戚の出産祝いの相場・出産祝いの相場(兄弟の場合で40代になったら・会社関係者への出産祝いなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

兄弟の出産祝いの相場

 

animal2_2

 

出産祝いの相場は、身内・親族や友人・ママ友・先輩後輩や会社職場関係者やご近所などでは違います。

身内・親族は、祖父母・父母・義父母・兄弟姉妹・伯父伯母・叔父叔母・従姉従妹・従兄従弟・甥姪・孫などです。

友人やママ友とは、遊び友達・ママの共助仲間・親友・先輩・後輩などになります。

会社職場関係者は、上司・部下・同僚・取引先などになります。

兄弟の出産祝いの相場は20代独身と30代以上や夫婦では違います。

20代独身の兄弟の場合は5000円~が一般的です。

30代以上の兄弟や夫婦の場合は10000~30000円が一般的です。

親戚の出産祝いの相場は、伯父伯母や叔父叔母が贈る場合は、普段の付き合いがあれば5000円~になります。

普段の付き合いが無ければお祝いの言葉だけでも問題ありません。

従姉従妹や従兄従弟の場合は、普段の付き合いがあれば3000円~になりますが、普段の付き合いがなければお祝いの言葉だけで問題ありません。

次に、 兄弟が40代になっているときの出産祝いの相場を紹介します。

 

兄弟が40代になってからの出産祝い

 

act-aka-21

 

出産祝いの相場は兄弟が独身か夫婦かでも違ってきます。

出産祝いの相場は親戚付き合いが浅いか深いかで違います。

出産祝いの相場では兄弟が40代になっているときにはどうすれば良いのでしょうか。

出産祝いの相場には、贈る側と贈られる側の関係によって大きな開きがあります。

一般的な出産祝いは5000~30000円の開きがあります。

一般的には、年代が若い人や付き合いが浅い場合の出産祝いの金額は少なくなります。

贈る側が既婚者であるケースや、付き合いが親密であれば出産祝いの金額も多くなります。

40代以上になると既婚で子供もいて、ある程度の社会的地位もある場合が多いので高くなる傾向があります。

予め、親族間や兄弟間でお祝いの金額を決めておけば悩まなくても済みます。

次に、会社関係者の出産祝いの相場を紹介します。

会社関係者の出産祝いの相場

出産祝いの相場は5000~30000円程度です。

兄弟の出産祝いの金額の相場は予め決めておいた方が面倒がなくて済みます。

親戚の出産祝いの相場は、日頃の付き合いの深さで変わります。

兄弟間の出産祝いの相場も40代を超えると高くなる傾向があります。

次に、会社関係者の出産祝いの相場を紹介します。

職場の同僚が贈る場合の相場は3000円程度です。

数人でまとめるときは1人1000円程度になります。

職場の部下の出産祝いは5000円~になります。

上司への出産祝いは3000円~になります。

職場の皆でまとめて贈る時には1人1000円~になります。

取引先の社員の子の場合は、普通は贈りませんが非常に親しい間柄であれば3000円~になります。


PAGE TOP