ビジネスメールで初めての相手に送る時の件名、書き出し、締め例文

Sponsored Link

ビジネスシーンで活躍するためには、ビジネスメールのスキルがあると有利になります。

ビジネスメールを初めての相手に送る時の例文などを知っていれば、失敗することもありません。

ビジネスメールを初めての相手に送る時には、「件名の書き方」・「宛名の書き方」・「署名の書き方」の基本を守ることが大切です。

ビジネスメールを初めての相手に出すときは、本文の書き出しの前に「あいさつ」と「名乗り」を忘れないようにします。

ビジネスメールで大切なことは、

・メールの本題に入る前の「あいさつ」と「名乗り」

・用件と誰が書いたのかが一目でわかる「件名」

・会社(団体)名 、部署名、役職名、名前、敬称の「宛名」

・名前、メールアドレス、電話番号、会社の住所を記載した「署名」

・「結び」の文章になります。

“迷惑メール”や“重要度が低いメール”だと思われないように「件名」には工夫が大切です。

ビジネスメールは、ビジネスには欠かせない手軽で便利なコミュニケーションツールです。

只、ビジネスメールには短所もあるのを知っておくことも大切です。

ビジネスメールの短所は、

・相手の反応が分からない

・相手が読んだか否かが分からない

・間接的なコミュニケーションなので微妙なニュアンスが伝わらない

・パソコンが不通になれば使用できない

・コミュニケーションが簡潔になり過ぎる

・受信者が受信操作をする必要がある

・メール内容を他人に盗み読みされる可能性がある

・間違った送信メールをスグに取り消せない

・相手に十分な誠意を伝えたいときには使えないなどがあります。

ビジネスメールは便利ですが、ビジネスメールでは不向きな場合もあります。

臨機応変に賢くビジネスメールを使いこなすことが大切です。

 

次に、ビジネスメールを初めての相手に送るとき・ビジネスメールを初めての相手に送るときの例文・ビジネスメールを初めての相手に送るときの件名・ビジネスメールを初めての相手に送るときの書き出しなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

ビジネスメールを初めての相手に送るとき

 

pics2292

 

ビジネスメールを初めての相手に送るときは、“ウイルスメール”・“迷惑メール”・“広告メール”・“アンケートメール”などと間違われないことです。

初めてビジネスメールを送る相手に、「自分に関係する内容のメールかもしれない」と思わせる工夫が大切です。

相手の関心を引きそうなキーワードを「件名」に盛り込むことで、メールの開封率は格段に高くなります。

 

ビジネスメールの件名

 

hu1-e1460390484293

 

ビジネスメールを初めての相手に送るときの為に例文を準備するとよいですね。

ビジネスメールを初めての相手に送る時は「件名」が重要なポイントになります。

通常は、知らない宛先からのビジネスメールをもらうとウイルスメールではないかと疑います。

初めての相手からのビジネスメールは警戒するのが一般的です。

「件名の書き方」に注意と工夫が必要になります。

ビジネスメールを初めての相手に送る時の件名を「初めまして」にするのはNGです。

「件名」で相手の警戒を解いて、送ったメールを開封してもらう必要があります。

「件名」で、具体的な情報を分かりやすく伝えることが大切です。

送られてきたメールを開封しなくても、内容と送り主が予測できる「件名」にします。

「件名」に具体的な情報を盛り込むことがポイントです。

「件名」に、

・送り主の会社名を入れる

・紹介者の固有名詞を書く

・送り先の会社名や担当者名などの固有名詞を入れるなどの工夫が大切です。

次に、ビジネスメールを初めての相手に送るときの書き出しを紹介します。

 

ビジネスメールの書き出し

 

ビジネスメールを初めての相手に送るときは用意した例文に沿って書けば間違いありません。

ビジネスメールを初めての相手に送るときには、「件名」に具体的な情報を盛り込んで開封してもらうことがポイントになります。

ビジネスメールを初めての相手に送る時の書き出しは、「初めてメールを送らせて頂きます」になります。

「初めてメールを送らせて頂きます」という一文で、相手は送信者が初めてやり取りをする人物だと分かります。

「初めてメールを送らせて頂きます」の一文は、丁寧な印象を相手に与えるので仕事上の関係を築くうえでも良いと考えられます。


PAGE TOP