ビジネスメールで催促する場合の文例と催促の返信例

Sponsored Link

ビジネスメールで催促する場合は丁寧な文章に気を付けることが大切です。

催促メールに返信する場合も丁寧な文章にしてください。

ビジネスメールは社会人にとって大切な連絡手段になります。

ビジネス社会で活躍するためには、ビジネスメールのスキルは必須です。

ビジネスの経験不足でビジネスメールを書きなれていないと、ビジネスメール作成に時間がかかってしまうことがあります。

多くの時間を使って作成したビジネスメールが、マナーを欠いた失礼な表現になっていては困ったことになります。

ビジネスメールには基本の形があります。

基本の形を守ったビジネスメールであれば間違いをすることもありません。

ビジネスメールの本文には、メールの用件とは別に「あいさつ」・「名乗り」・「結び」の文章を書きます。

「あいさつ」・「名乗り」は、メールの本題に入る前に必ず書いてください。

多くのビジネスメールでの基本形は、

・「あいさつ」―お世話になっております。

・「名乗り」-〇〇株式会社の○○でございます。

以上の、「あいさつ」の「お世話になっております」は基本形です。

初めてメールするとき・久しぶりにメールをするときは、あいさつ文を工夫することが大切です。

そのときの状況に合った「あいさつ文」を書かけることや、「時候のあいさつ」などを使いこなせるとワンランク上のビジネスメールになります。

 

次に、ビジネスメールで大切なこと・ビジネスメールでの催促は丁寧に・催促メールの返信は丁寧になどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ビジネスメールで大切なこと

 

gatag-00012729

 

ビジネスメールで大切なことは、「件名の書き方」・「宛名の書き方」・「署名の書き方」です。

「件名の書き方」は、ビジネスメールを相手にちゃんと読んでもらうために非常に大切なスキルです。

件名を書く基本は、用件が一目で用件がわかるようにすることです。

“お世話になっております”や、“先日はありがとうございました”などの挨拶のような件名にしてはいけません。

“迷惑メール”や“重要度が低いメール”だと思われます。

件名は、用件と誰が書いたのかが一目でわかるように工夫してください。

「宛名の書き方」では、会社(団体)名 ・部署名・役職名・名前・敬称を書くのが基本になります。

宛名の書き間違えは失礼になるので送る前に再度確認してください。

「署名の書き方」では、名前・メールアドレス・電話番号・会社の住所を記載するのが基本です。

署名は、メールアドレス以外の連絡先を明示する役割としても重要になります。

次に、ビジネスメールでの催促は丁寧に・催促メールの返信は丁寧になどの紹介をします。

 

ビジネスメールでの催促

 

「催促する」ビジネスメール文例4選

 

ビジネスメールで催促する場合は、感情的にならないで丁寧な文章にすることです。

相手の気持ちを害さないように少し下手にでるくらいの気持ちでスマートにまとめます。

ビジネスメールで催促をする場合のポイントを書きます

・用件の理由と連絡の日時を正確に書く

・いつまでに対応してほしいのか期限を具体的に書く

・催促の理由を具体的に書く

・資料を送った場合でも再度送る

・行き違いの可能性を考慮した一文を書き添えるなどになります。

次に、催促メールの返信について紹介します。

 

催促メールの返信

 

ビジネスメールで催促をする場合は、感情的にならないで丁寧でスマートな文章にまとめます。

催促メールをもらった場合の返信ではマナーを守ることが大切です。

催促メールをもらったら、社会人の対応として無視してはいけません。

催促メールをもらったら、速やかに回答するように心がけるのがビジネスでは大切なことです。

基本は丁寧な対応と、速やかな回答です。

速やかに回答しても内容が間違っていては困ったことになるので注意してください。

正しい回答ができない時には、回答ができる日時予測を具体的に速やかに伝えることが大切です。


PAGE TOP