退職で配るお菓子を渡すタイミング。のしは必要?誰に渡す?

Sponsored Link

退職のお菓子を渡すタイミングを外すと残念なことになります。

退職の菓子折りの「のし」はどうするのでしょうか。

退職の菓子折りは誰に渡すのでしょうか。

退職の菓子折りについて調べてみました。

退職とは、就業していた労働者が職を退いて労働契約を解除することです。

退職は、退社・離職・辞職と言う場合もあります。

結婚に伴い退職する場合は「寿退職」・「寿退社」と言います。

退職には、

・労働者個人の都合による自己都合退職

・事業者からの勧奨による退職勧奨

・事業者側からの解除による解雇

・就業規則に基づく定年退職

・労働契約期間満了に伴う退職などがあります。

退職勧奨や会社都合による解雇は、会社都合退職と呼ばれます。

退職をする時に菓子折りを用意する人が多くなっているようです。

菓子折りは、本来お世話になった人への感謝の気持ちを表したものです。

退職時は挨拶だけでも問題はありません。

退職する時に菓子折りを用意しなければならないという決まりもありません。

 

次に、退職時の菓子折り・退職でお菓子を渡すタイミング・退職の菓子折り「のし」・退職の菓子折りは誰に渡す?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

退職時の菓子折り

 

7209_report_2_1

 

退職時に菓子折りを用意する人が増えていますが、挨拶だけも問題はありません。

菓子折りは、あくまでも贈る人の気持ちです。

菓子折りを用意しておくと退職時の挨拶がしやすくなるメリットはあります。

菓子折りを用意するのであればスマートに渡して退職しましょう。

退職時に菓子折りを送りたくても予算があまりない時は、小さなお菓子の詰め合わせをおススメします。

クッキー・チョコレート・おかきなどであれば、人数が多い会社でも安く済ませる事ができます。

小さいお菓子が多く入っている菓子折りを選ぶと少ない予算でまとめられます。

菓子折りの相場は3000円程度が相場です。

大人数の職場では全員に個数を用意するのは無理です。

そのような場合は、特別にお世話になった人だけに用意することも考えられます。

次に、退職でお菓子を渡すタイミング・退職の菓子折り「のし」・退職の菓子折りは誰に渡す?などの紹介をします。

 

退職でお菓子を渡すタイミング

 

71EC67HlQML__SX425_

 

退職でお菓子を渡すタイミングは、退職日になる最終日になります。

就業後の挨拶が無い会社であれば朝に渡すのが良いと考えられます。

就業の挨拶がある会社であれば、出勤してスグに上司に挨拶と一緒に渡せば朝礼の時に一言伝えてくれる事もあります。

会社の業務スタイルによってタイミングが違います。

終業後に渡すときには、あらかじめ終業後に時間をもらえるよう伝えておくと良いと考えられます。

次に、退職の菓子折り「のし」・退職の菓子折りは誰に渡す?などの紹介をします。

 

退職の菓子折り「のし」

 

退職時にお菓子を渡すタイミングを外さないように、会社の業務スタイルを考えて準備しましょう。

退職の菓子折りの「のし」は、つけなくても良いと考えられます。

お中元やお歳暮では「のし」をつけますが、退職の菓子折りは通常の包装がしてあれば「のし」なしでもマナー違反にはなりません。

退職の菓子折りは誰に渡すか迷った時は、上司に挨拶をしながら渡せば良いのではないでしょうか。


PAGE TOP