妊婦のニキビ対策で塗り薬で治療しても赤ちゃんに大丈夫?

Sponsored Link

妊婦さんの中にはニキビ対策に困っているケースも多いようです。

妊娠中の女性は女性ホルモンが増加します。

女性ホルモンが増加すると、お肌がツヤツヤになって女性の魅力もアップします。

逆に、女性ホルモンが増えることで肌トラブルに悩まされる妊婦さんも増えます。

妊娠中の女性の肌トラブルでは「ニキビ」が多いようです。

妊娠中にはどうしてニキビが増えるのでしょうか。

妊娠中のニキビを予防するにはどうすればよいのでしょうか。

妊娠中にニキビができたらどうすればよいのでしょうか。

 

次に、妊婦さんのニキビ予防やニキビ対策などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

妊娠中のニキビはいつごろから?

 

image_jpeg

 

妊娠中はニキビなどの肌トラブルが増えます。

妊婦さんのニキビ対策は大切ですね。

妊娠中のニキビは妊娠初期から現れやすくなります。

妊娠を自覚する妊娠2ヶ月(妊娠4~6週)ころから顔・背中・胸などの広い範囲にニキビが現れやすくなります。

妊娠中にニキビなどの肌トラブルが増える原因は女性ホルモンの影響です。

妊娠することで女性ホルモンのバランスが変化します。

妊娠して16週目以降の妊娠中になると、女性ホルモンも安定して体調も整うので肌の調子も良くなります。

妊娠4~6週目頃にでたニキビも、妊娠16週目頃になれば改善されることも多いようです。

妊娠中に出来たニキビケアを失敗すると、悪い肌の状態を出産後も引きずることになります。

ニキビ肌やニキビ痕に悩まないためにもニキビケアは大切です。

次に、ニキビ原因と妊婦さんのニキビ対策の紹介をします。

 

妊娠中のニキビ原因

 

5ab408488f8ea1aabe0ad3dceaf37604

 

妊婦さんのニキビ対策をするためには、ニキビ原因を把握することが大切です。

妊婦さんのニキビ原因には、ホルモンバランスの変化・便秘・食生活の変化・睡眠不足などがあります。

妊娠初期の段階からプロゲステロンとエストロゲンというホルモンが急激に増加することで、女性ホルモンバランスが乱れます。

プロゲステロンには肌の皮脂の分泌を促す作用があるので皮脂量が過剰になります。

毛穴に皮脂が詰まることでニキビを発症します。

妊娠中の腸内環境悪化による便秘がニキビに関係していることもあります。

妊娠初期のつわりによる食のバランスの悪化もニキビに関係します。

睡眠不足がホルモンバランスを乱してニキビを招きます。

次に、妊婦さんのニキビ対策を紹介します。

 

妊婦さんのニキビ対策

 

妊婦さんのニキビ対策では、ニキビ原因の便秘・つわりによる食生活・睡眠不足を改善することが大切です。

妊娠中のホルモンバランスの変化は仕方がないので、ニキビを悪化させないように便秘・食生活・睡眠不足に注意してセルフケアすることです。

ニキビができたら、現状を悪化させないようにニキビ痕を残さないようなケアをすることが大切です。

ママにも赤ちゃんにも安全なニキビケアを心がけます。

ニキビ対策の基本は肌を清潔に保持することです。

朝夕2回の洗顔は大切です。

妊娠中なので、ニキビ専用基礎化粧品を選ぶときにも低刺激や敏感肌用にします。

毛穴を詰まらせないサッパリタイプがおススメです。


PAGE TOP