デンタルフロスで奥歯が臭い原因と対策。親知らず、歯垢は関係ある?

Sponsored Link

奥歯が臭いのは歯垢が原因かもしれません。

歯垢はプラークとも呼ばれています。

奥歯が臭いのは親知らずに付いた歯垢(プラーク)かもしれませんね。

正しい歯磨きで歯のスキマや歯と歯茎の境の歯垢(プラーク)や歯石をシッカリ取り除いてください。

歯垢(プラーク)と呼ばれるデンタルプラークは、虫歯菌や歯周病菌などの微生物の固まりになります。

歯垢(プラーク)は黄白色を帯びた粘着性の物質です。

歯垢(プラーク)1mgに数億から数兆もの細菌が潜んでいるとされています。

歯垢(プラーク)が増えると、細菌が増殖して虫歯や歯周病になります。

虫歯や歯周病になると口臭にも悩むことになります。

歯垢(プラーク)は食後8時間程度で生成されると言われています。

歯垢(プラーク)は食べカスとはまったく別物ですが、細菌は食べカスに含まれる有機質を栄養源にしています。

歯のスキマや歯と歯茎の間に食べカスを残さないことは、細菌の活動を抑える重要なポイントになります。

ネバネバしている歯垢(プラーク)は水や洗口剤でうがいをしたくらいでは落とせません。

歯垢(プラーク)は、歯磨きなどの物理的処置によって落とせます。

 

次に、奥歯の臭いが気になったら・奥歯の臭いは親知らずに付着した歯垢(プラーク)?・虫歯、歯周病、口臭対策などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

奥歯の臭いが気になる

 

haguki_shisyuubyou

 

奥歯の臭いは親知らずに付着した歯垢(プラーク)が原因かもしれません。

黄白色の歯垢(プラーク)1mgに数億から数兆もの細菌が潜んでいるとされています。

歯垢(プラーク)は虫歯・歯周病・口臭の原因になります。

歯垢(プラーク)は食後8時間程度で生成されるそうです。

水や洗口剤でうがいをしたくらいでは落とない歯垢(プラーク)でも、歯磨きなどの物理的処置で落とせます。

歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスを使って歯垢(プラーク)を除去してください。

毎日の口内ケアで虫歯・歯周病・口臭を予防できます。

 

奥歯が臭いのは親知らず?

 

perio_1

 

奥歯が臭いのは親知らずに付着した歯垢(プラーク)でしょうか。

奥歯が臭くなる原因は親知らずに付いた歯垢(プラーク)だけではありません。

親知らず周囲の腫れや膿などもあります。

奥歯が臭くなる原因の多くは、歯磨き不足による歯垢(プラーク)です。

奥歯が虫歯になって虫歯菌が発酵していることもあります。

銀歯の下が虫歯になっている可能性もあります。

口内が血生臭い時には歯肉炎や歯周病の可能性があります。

奥歯が臭いと感じたら、歯科医院での診察をおススメします。

虫歯・歯肉炎・歯周病は早めの治療が大切です。

虫歯・歯周病・歯肉炎の原因は歯磨き不足による歯垢(プラーク)です。

正しい歯磨き方法を覚えませんか。

 

歯間ブラシ・デンタルフロス

 

奥歯が臭い原因には、虫歯・歯肉炎・歯周病があります。

奥歯が臭い原因は、親知らずに付着した歯垢(プラーク)の可能性もあります。

歯垢(プラーク)は、虫歯・歯肉炎・歯周病の原因になります。

歯ブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロスなどを使って物理的に歯垢(プラーク)を除去することが大切です。

デンタルフロスは、歯と歯の間を掃除するのに便利です。

歯ブラシの毛先が届きにくい場所や歯間ブラシでは難しい場所の歯垢(プラーク)を除去するのにデンタルフロスが活躍します。

デンタルフロスは細いナイロン繊維でできているので歯間部の清掃におススメです。

効率よく歯垢(プラーク)を取り除いて虫歯・歯肉炎・歯周病を予防してください。


PAGE TOP