了解しました、承知しました、かしこまりましたの違いと使い方

Sponsored Link

「了解しました」・ 「承知しました」・「かしこまりました」はビジネスシーンでも多く使う言葉です。

「了解しました」・ 「承知しました」・「かしこまりました」の違いを知らないで使うと、会社の上司や取引先とのコミュニケーションで失敗する可能性もあります。

「了解しました」・ 「承知しました」・「かしこまりました」の意味と使い方を知ることで、ビジネスでの失敗を予防できます。

 

次に、「了解しました」・「承知しました」・「かしこまりました」の意味と違いなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

了解しました

 

61e3cab3

 

「了解しました」の意味は、理解する・のみこむ・事情を思いやる・納得するなどの意味があります。

「了解しました」と「承知しました」・「かしこまりました」は同じ意味ですが、「了解しました」は目上である会社の上司や取引先に使うことはありません。

「了解しました」は「了解」に丁寧語として“しました”をつけた言葉です。

丁寧語である「了解しました」は、上司や取引先などの目上の人に対して使うのは失礼だとされています。

「了解しました」はビジネスシーンでもプライベートでも便利に使える言葉ですが、会社の上司や取引先に対して使う言葉ではないので注意しましょう。

「了解しました」は同僚や目下に対して使う言葉です。

次に、「承知しました」・「かしこまりました」の意味と違いなどを紹介します。

 

承知しました

 

skitch-3

 

「了解しました」・「承知しました」・「かしこまりました」は同じ意味の言葉です。

「了解しました」は、同僚や目下に対して使う丁寧語でした。

「承知しました」や「かしこまりました」は敬語になります。

「承知しました」と「かしこまりました」の敬語は、相手に与える印象が変わるのでビジネスシーンでも使い分けられています。

「承知しました」という言葉には、理解した事実を強く伝える印象があります。

「承知しました」には事務的な堅い印象があるので、接客業やサービス業で使われないようです。

通常のビジネスシーンでは丁寧過ぎる「かしこまりました」よりも「承知しました」の方が多く使われています。

 

かしこまりました

 

「了解しました」・「承知しました」・「かしこまりました」は同じ意味の言葉ですが使う相手が違います。

「了解しました」は、同僚や目下に対して使う丁寧語として使われています。

「承知しました」は、通常のビジネスシーンで会社の上司や取引先に対して使われています。

「かしこまりました」も「承知しました」と同じ敬語ですが、「承知しました」よりも「かしこまりました」は丁寧な言葉になります。

「かしこまりました」は、相手に柔らかい印象を与えることが必要な接客業やサービス業で使われているようです。

ビジネスシーンでは敬語の使い方が大切です。

日本語を使ったビジネスシーンでの会話では敬語表現が多くなります。

常に相手と自分の相対的な社会的立場を意識して会話することが大切なビジネスシーンでは、敬語と丁寧語の使い方に注意してください。


PAGE TOP