「弊社・当社・自社・わが社・小社」の使い分けや違いは?

Sponsored Link

自分の会社を意味する呼び方には種類がいろいろあります。

自分が勤務している会社の呼び方には、「弊社」・「当社」・「自社」・「わが社」・「小社」があります。

会社の呼び方の使い分けに迷うビジネスマンも多いのではないでしょうか。

ビジネスシーンでは、「弊社」・「当社」・「自社」・「わが社」・「小社」の意味や違いが分からないと上手に使い分けられませんね。

 

次に、「弊社」・「当社」・「自社」・「わが社」・「小社」の意味や使い方の紹介をします。

 

スポンサーリンク

弊社

 

gatag-00008106

 

自分の会社を呼ぶときに、「弊社」・「当社」・「自社」・「わが社」・「小社」があります。

ビジネスシーンでは「弊社」という言葉が良く使われています。

「弊社」は、自分の会社のことを相手の会社よりも下の立場に位置づけた呼び方になります。

自分が勤務している会社を「へりくだって」表現する言葉が「弊社」になります。

相手の会社に対し、上から目線で偉そうな言葉にならないように表現したいときに使う言葉です。

取引先の担当者との打ち合わせなど会話の中では「弊社」という言葉を使います。

「弊社」は、相手に対し自分の会社のことをあらわす言葉になるので社内の人との会話では使いません。

また、相手の会社を表す場合の話し言葉は「御社」になります。

「御社」という言葉は書類に書くときには使いません。

相手の会社を表すときの書き言葉は「貴社」になります。

「弊社」・「御社」・「貴社」の使い方を覚えていればビジネスシーンでの失敗を防げます。

 

当社

 

free-illustration-presentation-man-irasutoya

 

「弊社」は、相手に対し自分の会社のことをあらわす場合に「へりくだって」表現する言葉になります。

その為、社内の人との会話では「弊社」言う言葉は使いません。

「当社」は、相手と自分の会社に上下関係をつけないで対等な位置づけで話す場合に使います。

一般的に「当社」を使う時には、

・ライバル社と自分の会社を比較する時

・相手に抗議やクレームを言うとき

・社内の人との会話で自分の会社を表現する時などです。

 

「自社」・「わが社」・「小社」

 

「弊社」は対手に対して自分の会社をへりくだって表現する言葉です。

「当社」は社内の人との会話で自分の会社を表現する時や、上下関係をつけないで相手と話す場合に使われます。

「自社」も「当社」と同じく、対等な位置づけで表現するときに使います。

「自社」は社内で上司と会話するときによく使われます。

「わが社」も「当社」や「自社」と同じ使い方をします。

「小社」は「弊社」と同じような使い方をします。

「小社」とは、自分の会社を立場の低い会社として比喩している言葉になります。

「弊社」・「当社」・「自社」・「わが社」・「小社」・「御社」・「貴社」をうまく使い分けられると仕事もスムーズに処理できます。


PAGE TOP