傘のカビの取り方、カビ臭い時の除去方法。クリーニングできる?

Sponsored Link

傘にカビが発生してガッカリしたことはありませんか。

傘がカビ臭いと使うが嫌になりますね。

傘にカビが発生したり汚れたときには、傘クリーニングを行っているお店でキレイにしてもらう方法もあります。

傘の水滴を落とすときには注意点があります。

・閉じた傘をくるくる回して水を飛ばす方法や、

・地面を突いて水を飛ばす方法は、

傘の骨組みにダメージを与えるのでダメです。

傘の水滴を落とすときには、傘を開いたり、閉じたりしながらばさばさと水気を飛ばします。

 

次に、傘にカビを発生させない方法・傘がカビ臭いときの方法・傘のクリーニング店などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

傘にカビを発生させない

 

E394848H_L

 

傘にカビが発生しないように使用後は手入れをしましょう。

傘がカビ臭いと使うのが嫌になります。

傘の汚れが蓄積しないためには使用後のアフターケアが大切になります。

使用後は、ある程度水滴を落としてから傘を広げて湿気を取り除いてから収納するようにします。

傘を広げて湿気を除去するときには、直射日光を避けて風通しの良い場所で傘を開きます。

直射日光での乾燥はNGです。

雨に濡れたままで湿ったまま収納すると、骨組み部分の錆び・生地の変色・カビの発生につながります。

軽い汚れがついたら、水やぬるま湯で軽く洗い流してください。

傘の汚れは早めに落とすことで、シミなどの原因を予防できます。

傘は使用後のアフターケアをこまめにすれば、クリーニング店にお願いしなくても大丈夫です。

 

傘のスペシャルケア

 

gatag-00005556

 

傘にカビを発生させないためには、汚れと湿気を取り除くことが大切です。

傘がカビ臭いとならないように、自宅で簡単にできる傘クリーニング方法を紹介します。

傘のスペシャルケアを行う場所は、傘を広げて水を流しても問題ない場所にします。

傘のスペシャルケアに用意するものは、・おしゃれ着用の中性洗剤・スポンジ・タオルです。

ステップ1・中性洗剤をぬるま湯に薄めてスポンジに含ませます。

洗剤を含んだスポンジで傘を優しく洗います。

汚れを落とすときにはポンポンと叩きながら洗います。

ステップ2・洗剤の洗い残しがないようにシャワーで傘をすすぎます。

洗剤の成分が残っていると、撥水効果への影響やシミの原因が考えられます。

ステップ3・傘の水分はタオルで拭き取ります。

その後は、直射日光が当たらない風通しの良い場所で陰干しして完全に乾かします。

ステップ4・陰干しで傘が乾いたら、ドライヤーを使って仕上げ乾燥をします。

 

傘のクリーニング

 

傘にカビが発生しないようにアフターケアは忘れないようにしてください。

使用後のケアで傘がカビ臭い状態になるのを予防できます。

どうしても除去できない汚れは傘のクリーニング店に依頼します。


PAGE TOP