脂漏性皮膚炎の治療法・再発するの?

Sponsored Link

脂漏性皮膚炎の治療法・再発するの?

脂漏性皮膚炎は、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔に起こりやすい湿疹です。

かゆみをともなう湿疹です。

症状は、赤くなる・皮膚が荒れる・カサつく・ベラベラとはがれるなどがあります。

脂漏性皮膚炎は新生児~生後3か月くらいまでの赤ちゃんや思春期以降の成人が発症します。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎は自然治癒することが多いようです。

赤ちゃんの脂漏性皮膚炎に比べて成人では慢性化するケースが多くなっています。

頭部の脂漏性皮膚炎は皮膚がはがれてフケと間違うことがあるので注意が必要です。

脂漏性皮膚炎の治療を怠ると皮脂が酸性化されて臭いが出るようになります。

臭いは加齢臭に似ています。

乳児に発症する脂漏性皮膚炎は乳児脂漏性皮膚炎と呼ばれます。

乳児脂漏性皮膚炎は産まれてスグから発症します。

乳児脂漏性皮膚炎は、髪の生え際から頭・額・眉毛部にあらわれます。

黄色いかさぶたと淡い紅斑(こうはん)が見られたら乳児脂漏性皮膚炎だと考えられます。

 

次に脂漏性皮膚炎について紹介します。

 

スポンサーリンク

乳児脂漏性皮膚炎

 

872647

 

赤ちゃんの乳児脂漏性皮膚炎と成人の脂漏性皮膚炎では異なります。

赤ちゃんの乳児脂漏性皮膚炎の原因は、赤ちゃんの皮脂分泌が盛んなことが原因です。

赤ちゃんは毛穴が未発達なので皮脂が毛穴に詰まって黄色いかさぶたと淡い紅斑(こうはん)ができるようです。

赤ちゃんの乳児脂漏性皮膚炎のケアは、入浴のときに脱脂力の強いせっけんでかさぶたをはがすように洗ってください。

絶対に無理にかさぶたをはがしてはいけません。

無理にはがすと血が出ることもあります。

洗っても取れないかさぶたには、ワセリン・オリーブオイルなどをたっぷり浸透させればとれはがしやすくなります。

かさぶたが厚くなってきたら皮膚科で診察することをおススメします。

 

脂漏性皮膚炎

 

img_seborrheic01

 

成人の脂漏性皮膚炎は赤ちゃんの乳児脂漏性皮膚炎に比べて治癒が難しくなります。

成人の脂漏性皮膚炎の原因はマラセチアという真菌(カビ)です。

マラセチアは人の皮膚にいつも存在している常在菌です。

マラセチアは皮脂を好むので皮脂が多い皮膚環境では異常増殖します。

マラセチアの代謝物が肌の炎症の原因と考えられています。

マラセチアの繁殖を防ぐには皮脂の過剰分泌対策が大切です。

男性ホルモンは皮脂分泌を促進するので、脂漏性湿疹の悩みは男性のほうが多くなっています。

皮脂分泌の増加の原因は、ストレス・ビタミンB不足・洗顔し過ぎ・洗髪し過ぎ・洗髪や洗顔のすすぎ不足・生活習慣乱れ・食習慣乱れなどがあります。

 

脂漏性皮膚炎のケア

 

脂漏性皮膚炎になったら、乳児・成人ともに洗髪・洗顔・入浴で患部をキレイにします。

乳児脂漏性皮膚炎の多くは短期間で治癒します。

成人の脂漏性皮膚炎は、慢性・再発性で数ヶ月~数年続くことがあるようです。

数ヶ月~数年続きながら次第に治癒に向かうので粘り強く治療を続けましょう。

乳児脂漏性皮膚炎で、顔の炎症が強い時にはステロイド含有軟膏を数日間塗ってケアするようです。

頭部の乳児脂漏性皮膚炎の症状が強い時にはステロイドローションなどが使われます。

顔面・体幹の乳児脂漏性皮膚炎ではステロイド軟膏を使用するようです。

軽くなってきた場合や軽度の脂漏性皮膚炎では、抗菌剤のケトコナゾールクリームなどが使われているようです。

 


PAGE TOP