赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗るの?

Sponsored Link

赤ちゃんに日焼け止めはいつから塗るの?

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るのが良いのでしょうか?

赤ちゃんの日焼け止めクリームについて悩んでいるママも多いようです。

日焼け止め化粧品はママにも赤ちゃんにも必要不可欠です。

大人でも日焼け止めは大切です。

日焼け止めを怠るとシミ・くすみ・たるみなどの年齢サインの原因になります。

年齢サインや年齢肌に悩まないように紫外線カットしませんか。

赤ちゃんの肌は柔らかく潤いがあるので紫外線から守ることが大切です。

赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の半分程度しかないので、紫外線(UVA・UVB)のダメージを受けやすくなっています。

赤ちゃんや幼児期に紫外線(UVA・UVB)の影響を受け過ぎると、大人になってからシミ・そばかす・くすみの悩みが増えます。

紫外線(UVA・UVB)の影響を受けやすいシーズンは夏季だけではありません。

紫外線(UVA・UVB)の影響から赤ちゃんの肌を守る日焼け止めクリームは赤ちゃんの肌を守るためには欠かせません。

日光を浴びるとカルシウムを骨に取り込むビタミンDなどの必要な栄養素がつくられますが、浴びすぎるのは危険です。

紫外線(UVA・UVB)が肌への負担にらないように日焼け止めクリームを使いましょう。

 

次に、赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るのが良いでしょうか。

 

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け止め

 

hiyake_goods

 

赤ちゃんへの日焼け止めはいつから塗るのが良いでしょうか。

ちょっと前までは母子手帳に「日光浴」の文字がありましたが最近の母子手帳からは「日光浴」の文字は削除されています。

2002年からは日本国では紫外線対策が始まっています。

環境庁には「紫外線保健指導マニュアル」が作られています。

「紫外線保健健康マニュアル」には急性的な健康影響と慢性的な健康影響があります。

急性的な紫外線(UVA・UVB)による健康影響は、日焼け・紫外線角膜炎・免疫機能低下があります。

慢性的な紫外線(UVA・UVB)による健康影響は、シワ・シミ・良性腫瘍・前がん症・皮膚がんなどがあります。

慢性的な紫外線(UVA・UVB)の健康影響には「目」に対する白内障や翼状片もあります。

赤ちゃんを紫外線(UVA・UVB)から守ることは大切ですね。

 

紫外線(UVA・UVB)カット

 

190dd431b1a319057e2f5de7a571a87b_m

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るの?と悩んでいるママはスグに塗りましょう。

紫外線(UVA・UVB)はデリケートな赤ちゃんの肌を傷めます。

赤ちゃんの頃に紫外線から受けたダメージは大人になってから皮膚がんや白内障などのリスクになる可能性もあります。

デリケート肌の赤ちゃんとお出かけするときには、赤ちゃん用日焼け止めを肌が露出している部分に塗ってください。

生後3ヶ月頃までは赤ちゃん肌も敏感なので市販の日焼け止めを使用するのは避けましょう。

生後3ヶ月頃までの外出では直射日光が当たらないように服や傘や帽子などで工夫しましょう。

 

日焼け止め選び

 

赤ちゃんの日焼け止めはいつから塗るのと悩んでいるママにお知らせです。

生後3ヶ月頃までは赤ちゃんの肌が特に敏感な時期なので、市販の日焼け止めを使用するは避けます。

生後3ヶ月を過ぎる時期になると首も座ってくるのも外出する機会も増えてきます。

外出するときには赤ちゃんの肌に負担がかかりにくい日焼け止めを試してください。

最近では新生児から使用できる日焼け止めもあります。

赤ちゃん用の日焼け止めを選ぶポイントは、紫外線散乱剤(ノンケミカル)・低い値のSPAとPA・お湯や石けんで簡単に落とせるなどです。

 


PAGE TOP