タイツにできた毛玉の取り方と毛玉を防止方法

Sponsored Link

寒い季節になると女性の下半身の保温に役立っているのがタイツです。

最近はタイツにも様々な色や柄がでています。

タイツは楽しめるファッションアイテムになっています。

只、タイツの毛玉が気になったことはありませんか。

タイツの毛玉の取り方を知っていれば、足元のおしゃれを安心して楽しめます。

タイツになるべく毛玉がつかない予防法などもあるようです。

 

次に、タイツのこと・タイツの毛玉の取り方・タイツの毛玉がつかない予防法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

タイツ(tights)

 

81th1GOp5bL__UX342_

 

タイツは保温を目的とした衣類の一種になります。

タイツは、腰から足のつま先までを覆うパンティストッキング型状のフーターと呼ばれる製品が一般的です。

タイツは靴下の仲間に見られていますが、タイツは衣服であり靴下類ではありません。

タイツは布地で縫製されたフィット性のあるズボンになります。

一般的なタイツは、ストレッチサテン地・ナイロン地などでつくられているので伸縮性があります。

タイツにはパンティストッキングよりも優れたメリットがあります。

パンティストッキングよりも耐久性に優れています。

保温性に優れながらも脚線美を作りやすい。

パンティストッキングと比べると伝線しにくいですね。

保温性に優れているので冷え性の女性に重宝されています。

布地がシッカリしているので下着が透けにくいのも良いですね。

パンティストッキングと比べると1枚当たりの価格が高い、夏場の高温時には蒸れやすいなどのデメリットもあります。

次に、タイツの毛玉の取り方やタイツの毛玉の予防法などの紹介をします。

 

タイツの毛玉の取り方

 

je1a394-02

 

タイツの毛玉の取り方には3つの方法があります。

毛玉取り機でとる・ハサミやT字カミソリを使う・台所スポンジの活用などです。

生地の厚いタイツの毛玉取りなら毛玉取り機が便利です。

大量についた毛玉をスムーズに摂れます。

只、毛玉取り機は生地が薄いタイツには使用できません。

生地が薄い生地についた毛玉を毛玉取り機で取ると穴が開くことがあります。

薄い生地についた毛玉が多くない時には、はさみを使います。

生地をピンと張ってはさみで1つずつ丁寧に切っていきましょう。

厚手のタイツであればT字カミソリも使えます。

毛玉がついた生地をやさしくなぞりましょう。

台所用スポンジでも毛玉をとれます。

ザラザラしている硬い面を使って、優しく円を描くように擦ります。

強く擦らないことがポイントです。

次に、タイツの毛玉予防について紹介します。

 

タイツにつく毛玉予防

 

タイツについた毛玉の取り方には、毛玉取り機でとる・ハサミやT字カミソリを使う・台所スポンジの活用などです。

次に、タイツについた毛玉の予防方法を紹介します。

タイツに毛玉がつかないようにする予防方法では洗濯がポイントになります。

タイツを洗濯機で洗うと、他の衣類との摩擦で毛玉ができます。

タイツを手洗いすることで毛玉を予防できます。

タイツを手洗いするときには、揉んだり擦ったりしないで洗剤水の中で沈めたり浮かせたりを繰り返します。

手洗いの時間がない時には、洗濯ネットにタイツだけ入れて洗濯機で洗います。


PAGE TOP