眠くないのにでる生あくびの意味とあくびの違い。原因と対処方法

Sponsored Link

「生あくび」の意味を知っていますか。

「生あくび」と「あくび(欠伸)」の違いを知っていれば体調変化を知るのに役立ちます。

眠い時や退屈したときには「あくび」がでます。

「あくび(欠伸)」は、疲れたり空気が悪くなったりすると出ますね。

病気の警告サインと考えられているのが、眠気がないのに出る「生あくび」です。

 

次に、生あくびの意味や「生あくび」と「あくび(欠伸)」の違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

生あくびの意味

 

e3d2ac39da5bea195d667db95fb58b97

 

「生あくび」と「あくび」の違いを理解するために「生あくび」の概要を紹介します。

生あくびの意味は病気のサインと言われています。

「生あくび」とは眠気がないのに起こる「あくび(欠伸)」です。

生あくびは、緊張・ストレス・睡眠障害の時や、脳梗塞・脳腫瘍・狭心症・更年期障害・低酸素血症などの病気の症状として生じます。

生あくびは、片頭痛や乗り物酔いの前兆として出ることもあります。

通常の「あくび(欠伸)」は、物事に夢中になっている時や何かに一生懸命取り組んでいる時などの交感神経が優位なときには出ません。

疲れたり眠かったりなどの副交感神経が優位な時に出ます。

無呼吸症候群が発症して身体が休めていないと、昼間に連続して生あくびがでます。

昼間の連続的な生あくびが出るようであれば、専門の呼吸器科や内科を受診してください。

脳梗塞の場合は、生あくびといっしょに頭痛・めまい・吐き気が起こります。

頭痛・めまい・吐き気と共に1日に何回も生あくびが出るようならスグに神経内科や脳卒中科などを受診してください。

次に、生あくびとあくび(欠伸)の違いを分かりやすくするために「あくび(欠伸)」の概要を紹介します。

 

あくび(欠伸)

 

image-1-e1458488551224

 

生あくびの意味は病気のサインのようです。

生あくびは要注意ですね。

病気のサインと考えられる生あくびと違い、一般的な「あくび(欠伸)」は、疲れているときやカラダや心が休息を求めているときに出ます。

通常は、脳の働きが鈍くなって酸欠状態になると反射的に「あくび(欠伸)」が出ます。

「あくび(欠伸)」をすることで大きく息を吸い込みます。

大きく空気を吸い込むことで、新しい酸素を脳に送って低下した脳の働きを活性化します。

酸素を補給した血液を脳に送り込んで脳を活発に活動させるだけでなく、副交感神経を優位にする働きもします。

副交感神経を優位にして脈を安定させたり血圧を下げたりして、身体を休息モードにします。

「あくび(欠伸)」と一緒に涙が出るのでドライアイの予防にもつながると考えられています。

最近では、「あくび(欠伸)」で大きく口を開くことで顎の筋肉が刺激されることが判ってきました。

「あくび(欠伸)」で顎の筋肉が刺激を受けて脳に刺激が与えられるようです。

 

生あくびとあくび(欠伸)の違い

 

生あくびの意味は病気のサインでした。

次に、生あくびとあくび(欠伸)の違いを紹介します。

生あくびは、緊張・ストレス・睡眠障害の時に出やすくなります。

脳梗塞・脳腫瘍・狭心症・更年期障害・低酸素血症などの病気の症状としても生あくびが生じるので注意が必要です。

あくび(欠伸)は脳の働きが鈍くなったり、身体の休息が必要な時に起こる「防衛反応」です。

大きく口を開けて新しい酸素を大量に脳に送って脳を活性化します。

大きく口を開けて顎の筋肉を刺激して脳に刺激をあたえます。


PAGE TOP