ガバナンスとコンプライアンスの意味、違いと使い方

Sponsored Link

ガバナンスとコンプライアンスの意味が分からないと、ガバナンスとコンプライアンスの違いが分かりません。

ガバナンスとコンプライアンスの意味を知れば正しい使い方ができます。

 

次に、ガバナンスとコンプライアンスの意味とガバナンスとコンプライアンスの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

ガバナンス

 

dokurituyakuin001

 

ガバナンスとコンプライアンスの意味を知らないとガバナンスとコンプライアンスの違いが分かりません。

次に、ガバナンスの概要を紹介します。

ガバナンスとは、統治のあらゆるプロセスをいいます。

ガバナンスという言葉を聞くと政府や大企業を思い浮かべますね。

ガバナンスは政府・企業などの組織だけでなく、領土・ITシステム・権力などにも用いられる広い概念になります。

ガバナンスにおいては、関係者がその相互作用や意思決定で社会規範や制度を形成して強化します。

ガバナンスの起源はギリシャ語になります。

ガバメントと政府との違いは、公的な組織ではなく関係者の相互作用を意味する点が異なります。

企業統治にコーポレート・ガバナンスという言葉があります。

コーポレート・ガバナンスとは、企業の不正行為の防止・競争力・収益力の向上を総合的にとらえて、長期的な企業価値の増大に向けた企業経営の仕組みのことです。

 

コンプライアンス

 

vewobu000309

 

ガバナンスとコンプライアンスの意味を知らないとガバナンスとコンプライアンスの違いが分かりません。

次に、コンプライアンスの概要を紹介します。

コンプライアンスとは法律や社会的な通念を守ることになります。

コンプライアンスは法令順守と訳されることが多いようです。

コンプライアンスには、企業コンプライアンス・服薬コンプライアンス・機械的コンプライアンス ・弾性コンプライアンスなどがあります。

企業コンプライアンスは企業の法令遵守のことです。

服薬コンプライアンスは、患者が薬を薬剤規定どおりに飲むことです。

機械的コンプライアンスは、物体の変形しやすさを示す物理量になります。

弾性コンプライアンスは、物体の変形しやすさを示す物理量のことです。

 

コーポレート・ガバナンスと企業コンプライアンスの違い

 

コーポレート・ガバナンスと企業コンプライアンスの意味とコーポレート・ガバナンスと企業コンプライアンスの違いをまとめます。

コーポレート・ガバナンスとは、企業の「経営に対する」監視や規律を設ける事になります。

企業が違法行為を行わないようにする為の監視が目的の規律を作成する事です。

株主・債権者・従業員等が自己の利益を守る為に設ける「企業内規定」です。

コンプライアンスは法律遵守の意味です。

企業コンプライアンスは、その企業が法律や社会的モラルを守った上で企業活動を行う事になります。

企業コンプライアンスが守られているという前提でコーポレート・ガバナンスが作成されます。


PAGE TOP