寒暖差アレルギーの症状と対処法?

Sponsored Link

寒暖差アレルギーの症状と対策、対処法とは?

冬の終わりから春にかけの鼻水・鼻づまり・くしゃみ・せき・食欲不振・不眠・イライラ・疲れやすい症状に悩んでいませんか。

それは寒暖差アレルギーではないでしょうか。

寒暖差アレルギーの症状には、

・風邪っぽい症状なのに熱がでてこない

・鼻水やくしゃみがあるのに目の炎症や充血がない

・鼻水の色が無色である

・アレルギー症状に似ているのにアレルゲンがないなどの特徴があります。

寒暖差アレルギーとは血管運動性鼻炎のことです。

運動習慣のない成人女性は寒暖差アレルギーになりやすいと言われています。

大人の女性は寒暖差アレルギーに気を付けてください。

寒暖差アレルギーが発生しやすいのは7℃以上の気温差がある季節です。

寒暖差アレルギーは自律神経とも関係があるといわれています。

自律神経の働きで、寒いときにも体温を保持できて暑い時には体温を発散させられます。

自律神経がスムーズに対応できるのは気温差7℃程度までと言われています。

気温差が7℃以上になると自律神経のバランスが乱れて寒暖差アレルギーが発生します。

 

次に、寒暖差アレルギーの症状と対策、対処法とは?について考えます。

 

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーと気温差

 

yjimage

 

気温差が7℃以上になると自律神経のバランスが乱れます。

自律神経の乱れで寒暖差アレルギーが発生します。

寒暖差アレルギー対策には寒暖差を縮めることです。

自律神経の乱れは気温差7℃以上です。

温度差7℃以下の範囲で治まるように服などで調整することで寒暖差アレルギー対策ができます。

自律神経が乱れやすいタイプの人は日頃から気を付けましょう。

筋肉量が多い男性に比べて筋肉が少ない女性のほうが寒暖差アレルギーの症状が出やすくなります。

運動習慣が少ない人は寒暖差アレルギーを発生しやすい傾向があります。

寒暖差アレルギー改善には筋トレが役立ちます。

筋肉を太くすることで体の発熱機能がアップします。

 

寒暖差アレルギー予防

 

uploaded

 

夏季や冬季でも関係なく寒暖差アレルギーは発生します。

寒暖差アレルギーの正式名称は血管運動性鼻炎です。

寒暖差アレルギーは身体のアレルギー反応とは無関係です。

寒暖差アレルギーは屋内と屋外や屋外の気温差が激しくなることで発生します。

気温差が7℃以上になると鼻水とくしゃみなどの症状が出て止まらないことがあります。

副交感神経が活発に働くと鼻粘膜の毛細血管が広がり鼻水とくしゃみで悩まされるようになります。

交感神経が活発になると鼻の不快感が改善します。

自律神経のバランスを整えて鼻の不快な症状を改善しませんか。

 

生活習慣の改善

 

寒暖差アレルギーの改善には自律神経のバランスを整えることです。

寒暖差アレルギーに悩まないために、生活習慣を改善してストレスケアをしましょう。

寒暖差アレルギー対策の生活習慣には、生活のリズムを整える・バランスの良い食習慣・適度な運動による筋肉トレーニング・鼻うがいをする・禁煙するなどがあります。

夜更かしと朝寝坊の生活は自律神経を乱します。

夜型の生活は身体のリズムが崩れます。

自律神経改善のためにも早寝・早起きをしませんか。

肉体と精神の健康の為には栄養バランスの良い食事を摂ることです。

日本食は穀物や野菜を中心として発酵食品が多く使われているので健康つくりに役立ちます。

外食が多い人は栄養バランスと野菜の摂取を考えましょう。

 

 


PAGE TOP