自宅でもしてみるベビーマッサージ

Sponsored Link

ベビーマッサージに注目が集まっています。

ベビーマッサージには赤ちゃんの精神の安定と心身の発達を促す働きがあるとされています。

ベビーマッサージを行いませんか。

ベビーマッサージをすることで赤ちゃんの成長や体の変化を深く感じることができます。

ママと赤ちゃんの絆を深められます。

赤ちゃんはママに抱きしめられたり触れられることで親の愛情や温もりを感じることができます。

ママに触れられることで、赤ちゃんは愛されていることを実感して精神的にも肉体的にも健やかに成長できます。

ママも赤ちゃんに触れることで赤ちゃんに愛しさを感じることができます。

ママは赤ちゃんを抱きしめたり触れることで、赤ちゃんの日々の体の変化や成長を感じることが出来て母親としての自覚も促されます。

ママと赤ちゃんの心と体を癒すベビーマッサージを始めてみませんか。

 

次に、ママにおススメしたい自宅でもしてみるベビーマッサージを紹介します。

 

スポンサーリンク

ベビーマッサージの効果

 

rbm%201

 

ベビーマッサージはママにも赤ちゃんにも良いことがあります。

ママが赤ちゃんにするベビーマッサージを紹介します。

・ベビーマッサージは赤ちゃんの視覚・聴覚・触覚・嗅覚を刺激して脳の発達に良い影響を与えます。

・肌を適度に刺激することで免疫力アップも期待できます。

・皮膚への刺激でリンパと血行を良くして新陳代謝を高めます。

・赤ちゃんの運動機能アップへの影響も期待されています。

・赤ちゃんの内蔵機能への良い影響を与えます。

・ベビーマッサージをすることで良質な睡眠を導き成長ホルモンに良い影響を与えます。

ベビーマッサージはママにも良い影響を与えます。

ママが赤ちゃんにベビーマッサージをすることで育児不安を改善します。

ママの体調を整える働きもあります。

 

ベビーマッサージの注意点

 

92b55f5169512ad67c515183462b1cf9

 

ベビーマッサージをするときには注意することがあります。

・赤ちゃんが嫌がっているのに無理にマッサージしないようにしましょう

・赤ちゃんの体調や発熱があるときには避けましょう

・ママの体調が悪い時にも避けましょう

・ワクチン接種をうけてから1日(24時間)は避けましょう

・赤ちゃんの体調をよく見てマッサージを始めましょう

・ベビーオイルやベビーローションを用いるときは赤ちゃんの肌に合うタイプかどうか病院で確認することをおススメします。

 

ベビーマッサージの方法

 

ベビーオイルやベビーローションを使うと赤ちゃんも喜びます。

ママに人気があるベビーマッサージ用のベビーオイルには、

スイートアーモンドオイル・ホホバオイル・グレープシードオイル・スクワランなどがあります。

ベビーオイルを選ぶポイントは安全・安心なタイプを選ぶことです。

ベビーオイルを肌に15分~20分程度置いて反応を見てください。

赤くなる・湿疹が出るなどが見られたら避けましょう。

安全性の高いオイルやローションを使用すれば、生後2ケ月くらいからベビーマッサージができるようです。

ベビーマッサージをするときにはママがTシャツ1枚で過ごせる室温で、直射日光・照明・エアコンの風などには注意することが基本です。

清潔な部屋環境は大切です。

 


PAGE TOP