春のディズニーイースター2018の見どころや楽しみ方

Sponsored Link

東京ディズニーランドには何回いきましたか?

東京ディズニーランドにまだ行っていない人は、ぜひ一度行ってみませんか。

東京ディズニーランドは千葉県浦安市にあります。

東京ディズニーランドという名称ですが所在地は千葉県です。

東京ディズニーリゾートには、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーがあります。

東京ディズニーランドも初めは人も少なくてアトラクションもすぐに体験できましたが、年々入場者数が増えて近年では並ぶのは普通になりました。

ディズニーパークにはいろいろなアトラクションやイベントがあるので、家族だけでなくカップルでも十分楽しめますね。

東京ディズニーランドの年間プログラムが予定されています。

2017年の年間プログラムは、

・お正月のプログラム(1月)・アナとエルサのフローズンファンタジー(2月・3月)

・ディズニーイースター(4月~6月)・ディズニー七夕デイズ(6月・7月)

・ディズニー夏祭り(7月・8月)・ディズニー・ハロウィーン(9月・10月)

・クリスマスファンタジー(11月・12月)などでした。

2018年の年間プログラムも決まっているようです。

 

次に、東京ディズニーランドのお正月のプログラムやディズニーイースターなどのイベントや2018年の年間プログラムの紹介をします。

 

スポンサーリンク

東京ディズニーランド

 

isrotiaiaabtp-img640x480-1511585642xmfgog5142

 

東京ディズニーランドの概要を紹介します。

東京ディズニーランドのマスコットキャラクターはミッキーマウスです。

東京ディズニーランドは、世界のテーマパーク・アミューズメントパークの中でも世界3位の来場数を誇ります。

東京ディズニーランドよりも来場者数が多いテーマパーク・アミューズメントパークは、フロリダのマジック・キングダムとロサンゼルスのディズニーランドです。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、米国ディズニーグループによる直営ではありません。

日本企業のオリエンタルランド が運営しているディズニーテーマパークです。

東京ディズニーリゾートで販売されているキャラクターの著作権や版権ビジネスは、全てウォルト・ディズニー・ジャパンにあります。

アナとエルサのフローズンファンタジーやディズニーイースターなどのアトラクションやショーの企画は米国の会社がおこなっています。

東京ディズニーランドのシンボルマークはシンデレラ城のシルエットになります。

 

東京ディズニーランド開園35周年

 

001

 

2018年は東京ディズニーランド開園35周年のメモリアルイヤーになります。

2017年に人気があった・ディズニーイースター・ディズニー七夕デイズ・ディズニー夏祭り・ディズニー・ハロウィーンなどのイベントもあるのでしょうか。

2018年予定のイベントを紹介します。

・1月1日~5日には、お正月プログラム

・1月11日~3月19日にはアナとエルサのフローズンファンタジー

・4月15日~、デイパレード「ドリーミング・アップ!」とアトラクションの「イッツ・ア・スモールワールド」

・6月7日~7月7日にはディズニー七夕デイズ

・7月10日~9月2日にはディズニー夏祭り

・7月10日~ナイトタイムスペクタキュラーとシアターオーリンズの新しいショー

・9月11日~10月31日にはディズニー・ハロウィーン

・11月8日~12月25日にはディズニー・クリスマスが予定されています。

 

2018年の終了&スタート予定

 

シアターオーリンズで2004年から公演していた「ミニー・オー!ミニー」が終了予定になっています。

4月9日にはデイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」が終了する予定になっています。

デイパレード「ハピネス・イズ・ヒア」は、 東京ディズニーリゾート30周年ザ・ハピネス・イヤー(2013年)から公演を続けてきた人気パレードでした。

4月15日からは、東京ディズニーランド開園35周年を記念した「アニバーサリーイベント」が開催予定になっています。

新しいデイタイム・パレード「ドリーミング・アップ!」もスタート予定です。

7月には「スーパードゥーパー・ジャンピンタイム」が終了予定になっています。

7月10日からは、新ナイトタイムスペクタキュラーや新しいステージショーがスタート予定です。


PAGE TOP