古希祝いの年齢、食事、プレゼント、祝い方、マナーなど

Sponsored Link

古希祝いは数え年で70歳の長寿のお祝いになります。

古希の祝い方や古希祝いの食事には決まりはありません。

70歳の古希祝いでは、長寿の祝いをされる本人もまだまだ元気な場合が多いようです。

ウォーキングシューズやウォーキング用グッズなどのプレゼントも喜ばれそうです。

60歳の還暦や70歳の古希のお祝いでは、長寿のお祝いというよりもまだまだ頑張ってねのお祝いになることが多いようです。

昔の60歳の還暦では赤いちゃんちゃんこを着た高齢者のお祝いのイメージがありましたが、現在の70歳ではまだ現役で働いている人も多くいます。

長寿のお祝いには縁起の良い色があります。

60歳の還暦の長寿の祝いの色は「赤」ですが、70歳の古希の長寿の祝いの色は紫になります。

次の、77歳の喜寿の長寿の祝いの色は紫で、80歳の傘寿の長寿のお祝いの色は黄金色です。

70歳の古希のお祝いの後には、88歳の米寿・90歳の卒寿・99歳の白寿・100歳の百寿(紀寿)などがあります。

米寿・卒寿・白寿・百寿などに比べればまだまだ長寿のお祝いとは言えませんね。

 

次に、古希祝いや祝い方・古希祝いの食事・古希祝いのプレゼントなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

古希祝いと祝い方

 

vewoev000950

 

古希は還暦などと同じく、年齢の節目におこなう長寿のお祝いをする行事です。

最近の高齢者は元気で若いので、60歳の還暦や70歳の古希では長寿のお祝いを行うのは早いですね。

只、40歳を過ぎると実年齢と見た目年齢との差が大きくなります。

60歳の還暦や70歳の古希の頃になると、見た目が年上のように見えても若かったり、若く見えていた人が年上だったりすることがあります。

見た目年齢を若く保つコツは、食習慣・生活習慣・スキンケア・紫外線カットだそうです。

70歳の古希の祝いにそなえて見た目年齢を若く保つアンチエイジング始めませんか。

古希の由来は、唐時代の中国の詩から来ています。

杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」からきているようです。

 

古希のお祝いの食事

 

A789-0022

 

古希の長寿の祝い方や古希のお祝いの食事には決まりはありません。

70歳の古希の人はまだまだ元気です、現役のサラリーマンもいます。

まだまだ固い食べ物もOKで、病気による食事制限がない人も多くいます。

70歳の古希のお祝いの食事は、お祝いをされる人とお祝いをする人と同じ料理を食べられます。

お祝いをされる人の好物をメインにしたコース料理などが良いのではないでしょうか。

古希のお祝いのプレゼントには、古希の長寿のお祝いの色である「紫色」を含めると縁起がよいのではないでしょうか。

自宅でつくる古希のお祝いの食事であれば、お祝いをされる人の好物を中心にした料理になりますね。

お祝いの日でも食事制限を忘れてはいけませんね。

外食の場合は、古希の祝いの本人や家族などが気兼ねなく過ごせる個室をおススメします。

 

古希のプレゼント

 

古希の祝い方や古希の食事には決まりはありません。

皆で楽しめる料理なら楽しい時間を過ごせそうです。

古希のお祝いのプレゼントには紫色を含めれば縁起が良くなります。

古希のお祝い人気ランキングを紹介します。

・お祝いメッセージギフト・名入れギフト(茶碗・湯呑・カップ・タンブラーなど)

・花のギフト・旅行券・デジタルフォトフレーム・マッサージ器・ブランド食器

・レストランギフト・女性の場合 ブランドハンカチなどです。

 


PAGE TOP