溶連菌は大人でも感染。症状、原因、潜伏期間、予防方法

Sponsored Link

溶連菌は子供に多い病気ですが大人も感染することがあるので注意が必要です。

溶連菌感染症の潜伏期間は2~5日程度と考えられます。

溶連菌の原因はA群β溶血性連鎖球菌の飛沫感染です。

溶連菌の正式名称は「溶血性連鎖球菌」です。

α溶血とβ溶血を呈する2種類の細菌になります。

溶血性連鎖球菌には、A群・B群・C群・G群などがあり、溶連菌感染症の90%以上はA群になります。

一般的な溶連菌感染症はA群β溶血性連鎖球菌による病気になります。

溶連菌は主に「のど」に感染して、咽頭炎・扁桃炎・小さい紅い発疹を伴う猩紅熱などの病気を引き起こします。

溶連菌感染症は子供に多い病気です。

 

次に、溶連菌のこと・大人に感染する溶連菌の潜伏期間・溶連菌の原因などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

溶連菌は大人にも感染

 

6034203e-438b-416b-873a-9ab444af5306

 

溶連菌の潜伏期間は2~5日です。

溶連菌感染症は子供に多い病気ですが、溶連菌は大人にも感染します。

溶連菌は飛沫感染します。

溶菌感染症の子供や大人の咳・くしゃみなどを原因として感染します。

大人が感染するのは、疲れの蓄積で免疫力が低下していこる時が多いようです。

大人が溶連菌に感染すると、頭痛・発熱・のどの痛みなどを発症します。

溶連菌感染症は、風邪とよく似た症状がでます。

溶連菌感染症で多くみられる特徴的な症状は、のどの痛み・発熱・舌への赤いブツブツなどです。

症状がひどくなると、扁桃腺の辺りにも白いブツブツができます。

唾を飲みこむのも痛く、38度以上の高熱もでることがあります。

次に、溶連菌の対処法や潜伏期間や溶連菌の原因などの紹介をします。

 

溶連菌の潜伏期間と対処法

 

atopy1

 

溶連菌感染症は子供に多い病気ですが大人も感染します。

溶連菌の症状をまとめると、

粘膜の症状には、咽頭炎・扁桃炎・猩紅熱・中耳炎・副鼻腔炎などがあります。

皮膚・軟部組織の症状には、伝染性膿痂疹・蜂窩織炎・丹毒などがあります。

他にも肺炎・菌血症・トキシックショック症候群などを発症することもあります。

溶連菌感染症の潜伏期間は2~5日のようです。

溶連菌感染症の原因対策に気を付けて、感染したら早めに治療したほうが良いですね。

 

溶連菌感染症の原因と予防

 

溶連菌感染症は子供に多い病気ですが大人も感染することがあります。

溶連菌の潜伏期間は2~5日とされています。

溶連菌感染症に感染する原因は、菌を含んだ咳や唾液を吸い込むことです。

感染者の咳やくしゃみによる飛沫感染になります。

溶蓮菌感染症の原因であるA群β溶血性連鎖球菌は食品中でも増殖します。

感染者の咳や唾液が食べ物に当たらないように心がけることも大切です。

溶蓮菌感染症には予防接種がありません。

予防方法では、手洗い・うがいをしっかり行うこと、飛沫感染しないようにマスクを使うのこと有効です。

溶蓮菌感染症が感染しやすいのは、春から夏の時期と冬の時期だといわれています。

周りに感染者がいたら感染しないように手洗い・うがい・マスクは必須ですね。

免疫力低下予防も大切です、十分な睡眠・栄養のある食事・ストレスケアが大切です。


PAGE TOP