おたふくかぜの予防接種はいつまで?金額、副作用は?

Sponsored Link

「おたふくかぜ」の予防接種はいつまでに終わらせれば良いのか知っていますか。

「おたふくかぜ」の予防接種の1回目と2回目の間にはどの程度の日数があるのかも知りたいですね。

「おたふくかぜ」の予防接種の副作用の内容などを調べるのも大切ではないでしょうか。

「おたふくかぜ」の正式病名は流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)です。

ムンプスウイルスの感染で発症するウイルス性の感染症になります。

流行性耳下腺炎の発生には季節性はありません。

感染しても症状が出ない不顕感染のケースもあります。

子供の感染が多い病気ですが、一般的に成人が感染すると症状が重篤になる場合が多いようです。

日本での流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)のワクチン接種は任意です。

そのため、ワクチン接種率は約20~30%とされています。

一般的には、ワクチン接種や一度自然感染すると一生有効な免疫を獲得します。

 

次に、おたふくかぜの症状・予防接種・いつまでにおたふくかぜの予防接種 2回目をするのか・おたふくかぜの予防接種の副作用などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ) 

 

181

 

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)に自然感染すれば免疫を確保できます。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種をすれば免疫を確保できます。

子供の頃に感染すれば症状は軽くて済みますが、成人して感染すると重篤になるケースが考えられます。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種を子供の時期に済ませておけば一生安心です。

それでは、いつまでに流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種の1回目・ 2回目を完了すればよいのでしょうか。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種には副作用もあるようです。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の症状は、・顔面の疼痛・唾液腺(耳下腺)の腫脹・38~39℃の発熱・頭痛・咽頭痛・こめかみや顎の腫脹・膵炎などです。

合併症には、無菌性髄膜炎・難聴(ムンプス難聴)・睾丸の痛み・睾丸の拡大・陰嚢腫張などがあります。

 

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種

 

7962

 

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種の1回目はいつまでにすればよいのか、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種の2回目はいつまでにすればよいのかなどを調べました。

流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種は「おたふくかぜワクチン」と呼ばれています。

「おたふくかぜワクチン」は任意接種のワクチンになります。

接種年齢は1歳以上になります。

1歳で1回目・小学校入学前の1年間に2回目が望ましいとされています。

接種量と方法は、1回あたり0.5mlを皮下接種します。

次に、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)の予防接種の副作用を紹介します。 

 

おたふくかぜワクチン予防接種の副作用

 

おたふくかぜワクチンの予防接種はいつまでにすればよいのか悩んでいるママも多いようです。

おたふくかぜワクチンの1回目予防接種は1歳・2回目予防接種は小学校入学前の1年間にするのが望ましいようです。

おたふくかぜワクチンの予防接種の副作用には、

・脳炎・髄膜炎・急性散在脳脊髄炎・脳症・痙攣・耳下腺炎・耳下腺腫大

・発熱・血小板減少性紫斑病・急性膵炎・難聴などが考えられます。

予防接種による副作用(副反応)場合は、早く病院で対応できるので重篤化を防げることが考えられます。

他からの感染の場合は対応が遅れて重篤化する可能性が高くなります。

成人になって海外出張や海外旅行を考えると、子供の時期に予防接種しておくほうが安心できるのではないでしょうか。

 


PAGE TOP