百聞は一見にしかずの続き、由来、意味

Sponsored Link

百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)の意味を正しく言えるでしょうか。

また、百聞は一見にしかずには続きがあるそうです。

百聞は一見にしかずの意味や由来を知ることで、日常会話の中で間違わないで使用できるようになります。

 

次に、百聞は一見にしかずの意味や続きや百聞は一見にしかずの由来などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

百聞は一見にしかずの意味

 

1490357022318

 

百聞は一見にしかず(ひゃくぶんはいっけんにしかず)に続きがあるのを知りませんでした。

百聞は一見にしかずの意味や由来を知ることで、間違わない使い方ができるようになりますね。

「百聞は一見にしかず」は、物事を効率よく理解するための諺です。

「百聞は一見にしかず」の意味は、人から100回聞くよりも自分で1回見た方速く正確に理解できることです。

“なにごとも自分の目で見て確かめる”ことが大切である、戒めを含んだ諺になっています。

人の噂話や意見を聞いただけで物事を判断すると間違いを犯すことがあります。

目で確認できる事柄であれば、自分で直接確認することが大切です。

新聞や雑誌や書籍に書いてあることでも、最近のフェイクニュースが問題になっているように故意の嘘が混ざっていることがあります。

できるだけ自分の目で確認することが大切になります。

「百聞は一見にしかず」などの、過ちを犯さないように前もって注意を与える「戒め」は大切な諺です。

 

百聞は一見にしかずの続き

 

hyakubunha

 

百聞は一見にしかずには続きがあります。

「百聞は一見にしかず」の後には、「百見は一考にしかず」、「百考は一行にしかず」、「百行は一果にしかず」と続きます。

「百見は一考にしかず」は、いくら自分でたくさん見ても考えなければ意味が無いという意味になります。

「百考は一行にしかず」は、いくらたくさん考えても、それを実行に移さなくては意味が無いという意味になります。

「百行は一果にしかず」は、いくら実行に移しても成果をあげなくては意味が無いという意味になります。

「百聞は一見にしかず」、「百見は一考にしかず」、「百考は一行にしかず」、「百行は一果にしかず」をまとめた意味は、

“自分の目で見て”、“自分の頭で考えて”、“実行に移して”、“成果に結びつける”ことが重要であるという意味になります。

百聞は一見にしかずの意味は続きも含んで考えたほうが良さそうです。

次に、百聞は一見にしかずの由来を紹介します。

 

百聞は一見にしかずの由来

 

百聞は一見にしかずの後には続きがあります。

「百見は一考にしかず」、「百考は一行にしかず」、「百行は一果にしかず」です。

百聞は一見にしかずの意味は、人から百回聞くよりも自分で一回見た方が速く正確に理解できるになります。

百聞は一見にしかずの由来は古代中国の漢詩になります。

 


PAGE TOP