ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違い。暖かさも違う?

Sponsored Link

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いを知っていますか。

ハロゲンヒーターはハロゲンランプから発生される放射熱で暖をとる電気ストーブの一種になります。

カーボンヒーターは、発熱体の材料に炭素繊維(カーボン)を用いた電気ストーブの一種になります。

ハロゲンヒーターのメリットやカーボンヒーターのメリットを知ることで効率よく室内暖房ができます。

電気ストーブを使うときには注意点があります。

身体の同じ部位を暖めすぎると低温熱傷を起こす恐れがあります。

暖をとるために電気ストーブに顔を近づけると、眼球等の水分を多く含んだ部位が加熱されます。

暖を取るために電気ストーブに近づきすぎることや長時間の照射は避けてください。

 

次に、ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いを紹介します。

 

スポンサーリンク

ハロゲンヒーター

 

81O8eD+3XdL._SL1500_

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いを知るためにハロゲンヒーターの概要を紹介します。

ハロゲンヒーターは放射による伝熱を暖房に用いる電気ストーブになります。

ハロゲンランプから電磁波の形で放射されたエネルギーが暖房として働きます。

ハロゲンヒーターの放射を伝熱に用いることから、暖房が及ぶ範囲はヒーターを見通せる範囲になります。

このため、ハロゲンヒーターは局所暖房として用いられることが多くなります。

暖房器具の中でも比較的消費電力が大きいので、最近はエネルギー効率が良いカーボンヒーターに取って代わられつつあります。

 

カーボンヒーター

 

E479536H_L

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いを知るために、カーボンヒーターの概要を紹介します。

カーボンヒーターは、発熱体に電流を流して主に赤外線を放射する電気ストーブになります。

暖房としての原理は一般的な電気ストーブやハロゲンヒーターと同じです。

一般的な電気ストーブでは発熱体に石英管で被覆したニクロム線を用いるのに対して、カーボンヒーターでは不活性ガス中に炭素繊維を封入した石英管を用います。

ニクロム線発熱体やハロゲンランプを応用した電気ストーブに比べて、カーボンヒーターからは多くのエネルギーが赤外線領域に放射されるメリットがあります。

以上から、暖房器具の熱源として良好なカーボンヒーターは、ハロゲンヒーターに代表される電気ストーブよりも人気があります。

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーター

 

ハロゲンヒーターとカーボンヒーターの違いをまとめます。

ハロゲンヒーターはハロゲンランプから発生される放射熱で暖をとる電気ストーブです。

カーボンヒーターは、発熱体の材料に炭素繊維(カーボン)を用いた電気ストーブです。

ハロゲンランプを応用したハロゲンヒーターに比べて、カーボンヒーターからは多くのエネルギーが赤外線領域に放射されます。

エネルギー効率で考えると、ハロゲンヒーターよりもカーボンヒーターが優れていると考えられます。


PAGE TOP