ご査収の意味とビジネスでの使い方、他の表現方法

Sponsored Link

ご査収(ごさしゅう)の意味の意味を知っていなければ、ご査収の正しい使い方はできません。

ご査収はビジネスシーンでは使いますが、日常会話ではあまり使う言葉ではないので間違った使い方をすることがあります。

「査収(さしゅう)」は日常会話では使うことは殆どありません。

ビジネスシーンでは、「ご査収ください」や「ご査収の程お願い致します」などの言葉を使うことが多くなります。

普段使いなれない言葉なので、多くの人はビジネスシーンで見聞きしているうちに意味を自己判断して、何となく使っている人も多いのではないでしょうか。

ビジネスシーンでは「ご査収」を意外と間違って使っているケースもあるようです。

「ご査収」の正しい意味と「ご査収」の正しい使い方を覚えれば自信を持って安心して活用できます。

 

次に、ご査収の意味・ご査収の使い方・ご査収の類語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ご査収の意味

 

no-translate-detected_318-48393

 

ご査収の正しい意味とご査収の正しい使い方を知ることで、ビジネスの現場で自信を持って安心して活用できるようになれます。

「査収(さしゅう)」は中国の清時代から使われていた漢語になります。

日本に伝えられてから広く使われるようになりました。

ご査収(ごさしゅう)は、相手に対して添付書類を「確認する」作業を依頼している意味になります。

確認してもらいたい書類で、相手がまだ添付書類を見ていないケースで使用する言葉になります。

ご査収(ごさしゅう)くださいを、簡単な表現にすれば、“添付書類をちゃんと見てください”という言葉になります。

 

ご査収の正しい使い方

 

401_ext_01_0

 

ご査収の意味は、相手に書類や資料を確認してくださいという意味になります。

ビジネスシーンでのご査収の使い方例を紹介します。

ビジネスシーンで使う時には、「どうぞご査収願います」・「よろしくご査収願います」・「ご査収の程よろしくお願い致します」などになります。

ご査収は便利な言葉なので慣れてくるといろいろなビジネスシーンで使ってしまいます。

ビジネスで間違った使い方をしないように気を付けることが大切です。

多くの人が間違う使い方では、「調べるものがない時」や「よく調べなくてもいい時」などに使うケースです。

間違いやすい例では、

添付資料などがない時に「ご査収ください」などということです。

書類を受け取った相手は何を調べるべきなのか混乱してしまいます。

ただ文章を確認してほしい時などには「ご確認ください」の方が適切だと考えられます。

添付資料や添付ファイルがない時には、「ご査収」くださいよりも「ご確認」くださいの方が正確に意味が伝わります。

 

ご査収の類語

 

ご査収の意味は、文章や資料を閲覧して内容を検めることです。

ビジネスシーンでのご査収 の使い方例には、“ご査収の程よろしくお願い致します”などがあります。

「査収」の類語には、確認・ご確認・検収・確認の上受け取る・閲する・拝見などがあります。


PAGE TOP