ハロウィンで使われる言葉の種類と由来、セリフ集

Sponsored Link

ハロウィンで使われる言葉の種類を知っていますか。

ハロウィンのセリフ集などもあります。

ハロウィンはハロウィーンとも呼ばれる毎年10月31日に行われる、古代ケルト人を起源と考えられるお祭りです。

ハロウィン(ハロウィーン)は、もともとは秋の収穫のお祝いになります。

悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのあるお祭りのようです。

現代でハロウィンが大々的に行われているのは主に英語圏になります。

特に、昔はケルト人の国であったアイルランドにハロウィンの祭りが色濃く残っているようです。

アイルランドでは10月最後の月曜は祝日になっています。

アイルランドには、ハロウィンを祝う習慣が最も純粋な形で残っているようです。

10月の最後の月曜日の祝日に続く週はすべての学校が休みになり「ハロウィン休み」と呼ばれています。

本場のハロウィンを楽しむには10月末のアイルランドですね。

現代のアメリカ合衆国にも民間行事として定着しています。

本来の宗教的な意味合いはなくなって、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近所の家々からお菓子をもらったり・カボチャの中身をくりぬいた「ジャック・オー・ランタン」を飾ったりする風習などが残っています。

ジャック・オー・ランタンは、お化けかぼちゃ・カボチャちょうちんとも呼ばれています。

オレンジ色のカボチャの中身をくり抜いて、目・鼻・口を切り取って、カボチャの内側に火のついたろうそくを立てます。

ジャック・オー・ランタンは、ハロウィンを象徴するシンボルになります。

欧米ではハロウィンを祝う家庭の家の戸口にジャック・オー・ランタンを置きます。

 

次に、ハロウィンの時の言葉やハロウィンのセリフ 集などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ハロウィンの言葉

 

yjimageSAOZO3Z2

 

ハロウィン定番の言葉には「Trick or Treat!」があります。

ハロウィンのセリフ集もあるのでハロウィンの言葉に対する挨拶を知っているともっと楽しめますね。

ハロウィンでは子供達が可愛い仮装をして「Trick or Treat!」とやってきます。

「Trick or Treat!」の意味は、「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」になります。

「Trick or Treat!」に対するふさわしい挨拶があります。

「Happy Halloween!」です。

「Happy Halloween!」の意味は「楽しいハロウィンを」になります。

ハロウィンの日に、大人同士が交わす挨拶としても使えるイキなセリフになります。

 

大人のハロウィン

 

1-f

 

大人のハロウィンでは定番の言葉と挨拶を知っているともっと楽しめます。

ハロウィンのセリフ集もあるのでイキな挨拶を調べてみませんか。

ハロウィンの定番の言葉の「Trick or Treat!」に対する挨拶は「Happy Halloween!」だけではありません。

「Treat of course」・「Come again、next year!」・「Have fun!」などがあります。

「Treat of course」の意味は「もちろんよ」になります。

「Come again、next year!」は「また 来年もおいで」になります。

「Have fun!」は「楽しんでね」になります。

 

ハロウィンの独特の言葉

 

ハロウィンのメッセージカードに使える独特の言葉を知っていれば便利です。

ハロウィンのメッセージカードのセリフ集には、「素晴らしいハロウィンでありますように!」という意味の、「Hope your Halloween is a Treat!」などがありました。

ハロウィンのイベントでは、ジャック・オー・ランタンなどの装飾や仮装と独特のセリフが特徴です。

英語の独特な例文を覚えておくと、ハロウィンにふさわしい挨拶の言葉を楽しく使えます。

ハロウィンの言葉や挨拶を使うポイントは、笑顔で楽しく伝えることです。


PAGE TOP