リンパドレナージのやり方とやってはいけないこと

Sponsored Link

リンパドレナージのやり方を間違えると健康を害してしまいます。

リンパドレナージには禁忌なこともあります。

リンパドレナージが女性を中心に人気を集めています。

「リンパドレナージュ」の“リンパ”はリンパ腺のことで、“ドレナージュ”はフランス語で「排出」を意味しています。

日本語で分かりやすいように訳すと「リンパの排出法」になります。

リンパドレナージュとは、手で筋肉をほぐして老廃物の排出を促す施術方法になります。

リンパの流れを阻害する原因を、筋肉をほぐしながら取り除いて体内にある老廃物の排出作用を高めます。

リンパが滞って体調不良が気になる人はリンパドレナージをして、身体の痛み・むくみ・疲労回復・リラクゼーション・美容効果アップしませんか。

テレビやファッション誌などでは、「リンパマッサージ」や「リンパドレナージュ」などが掲載されていますがマッサージ内容が異なるのでしょうか。

リンパマッサージは、マッサージでリンパの働きを活性化する施術法です。

リンパドレナージュは、リンパの流れを阻害する要因を取り除いて流れを改善する施術法です。

どちらの施術方法も、リンパの流れを良くして老廃物の排出を促す目的は同じです。

欧米では良く知られていた「ドレナージュ」という言葉が日本では馴染みがなかったことから「マッサージ」と訳されたようです。

欧米で広まっていた「リンパドレナージュ」に、日本風のアレンジを加えて美容やリラクゼーション色を強めて「リンパマッサージ」として広まったようです。

「リンパドレナージュ」は1932年にフランスで生まれて欧米を中心に発展ました。

欧米では、病院など医療の現場で実績を重ねられて現在では医療行為として確立されています。

 

次に、リンパドレナージのやり方やリンパドレナージの禁忌などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

リンパドレナージ

 

dc228944694d5fb715bce140dce4dc91

 

リンパドレナージとやり方は、日本医療リンパドレナージ協会のホームページに紹介してあります。

「複合的理学療法」の知識と技術を習得すれば禁忌事項なども分かるようになります。

協会では「医療リンパドレナージセラピスト養成講習会」や継続教育を目的とした「継続研修」を開催しています。

医療リンパドレナージセラピスト養成講習会では、「初級講習会」・中級講習会」・「修了試験」が行われます。

継続研修では、「ブラッシュアップ講習会」・「スキルアップ講習会」・「特別講習会」・「上級講習会」が行われています。

 

リンパドレナージの基本のやり方

 

sample

 

リンパドレナージの正しいやり方とリンパドレナージの禁忌を知ってリンパの流れを改善してください。

リンパドレナージュの目的は、リンパ液の流れを活性化して身体にとって不必要な異物や老廃物を排出することです。

身体のリンパ系は、毛細リンパ管・リンパ管・胸管・リンパ本幹とリンパ節等です。

血液は心臓がポンプの役割をしますが、リンパには心臓のようなポンプがありません。

リンパ液は、疲労・寒さ・ストレスで流れが滞ります。

滞ったリンパ液の流れを、両手の指先を使ったマッサージでスムーズな流れを促します。

 

リンパドレナージュの禁忌事項

 

リンパドレナージを正しいやり方で行えば、リンパ液の流れを活性化して身体にとって不必要な異物や老廃物を排出することができます。

只、リンパドレナージには禁忌もあります。

リンパドレナージュでの禁忌事項を紹介します。

禁忌を知ることでより安全にリンパドレナージュの施術を受けることができます。

・感染症にかかっているときに施術すれば炎症や病状が広がります。

・心臓性のむくみ画あるときは心臓への負担が増えて危険です。

・悪性腫瘍が見つかったときや治療中の時は主治医の許可を得てください。

・バセドウ病、頚動脈症候群、不整脈があるときは施術を避けます。

・60歳以上の人や動脈硬化がひどい人も施術を避けた方が無難です。

・生理中の女性・妊娠中の女性・腹部や腹部内臓に炎症がある人

・潰瘍や腸閉塞の人・クローン病の人・避妊リング装着の女性

・てんかん発作がある人は禁忌になります。


PAGE TOP