佐川急便の関東中継センターはどこ?輸送中のままの場合

Sponsored Link

佐川急便の関東中継センターはどこにあるのでしょうか。

飛脚マークが印象的だった佐川急便は、京都府京都市南区に本社を置く運送事業を主とする企業です。

正式名称は、佐川急便株式会社(さがわきゅうびん)になります。

競合他社にはヤマト運輸や日本郵便があります。

佐川急便がヤマト運輸や日本郵便と違うところは取次店の発送窓口が少ないことです。

ヤマト運輸や日本郵便は、自社営業所&郵便局の他、コンビニエンスストア等と提携することで発送窓口を設けています。

佐川急便は取次店の発送窓口は少ないですが、強力な営業活動や発送条件に融通が利きます。

そのため、発送個数の多い通信販売企業の利用が多いようです。

柔軟な時間指定が可能なため、個人の利用者も年々増加の傾向にあると言われています。

佐川急便では飛脚宅配便の他にも飛脚メール便も行っています。

佐川急便では、ヤマトの宅急便センターや日本郵便の集配センターのように小規模な店舗を多数配置していません。

佐川急便では、規模の大きな営業店を広域圏内に1ヶ所配置して広範囲をカバーするスタイルになっています。

1営業所が管轄するエリアが広いので「ドッキング」と呼ばれる作業が行われています。

「ドッキング」とは、営業店から配達エリアへ小型トラックで荷物を輸送して、小荷物や個人宛の荷物を中心に軽貨物自動車のへ積み替えを行う作業になります。

 

次に、佐川急便の関東中継センターについて紹介します。

 

スポンサーリンク

佐川急便

 

飛脚のふんどし-2

 

佐川急便の関東中継センターとは佐川急便スタイルの集配システムを行う営業所になります。

佐川急便を利用した宅配荷物が、いつ頃届くのか追跡サービスを利用した人も多いのではないでしょうか。

荷物が「関東中継センター」にあるので、具体的な住所を調べても分からなかったと思います。

「関東中継センター」の住所は非公開になっています。

ヤマトの宅急便センターや日本郵便の集配センターの住所はホームページで住所確認できますが、佐川急便の中継センターは確認できないので不思議ですね。

 

佐川急便の関東中継センター

 

sagawalogo

 

佐川急便の関東中継センターの住所が確認できないので、荷物が届く日数を自分で予測できません。

ヤマトの宅急便センターや日本郵便の集配センターの住所はホームページで確認できるので、おおよその到着日を予測できます。

宅急便センターや集配センターの住所を確認できるほうが、外出する予定があるときには便利ですね。

佐川急便では関東中継センターの場所は確認できませんが、きちんと荷物は運搬されて予定期日に配達されているので営業所が機能していることは確かです。

関東エリアには、関東中継センターの他にも中継センターがありますがすべて非公開になっているようです。

 

配達中と輸送中の意味

 

佐川急便の関東中継センターの住所は非公開なので、自分で荷物の到着日を予測することができません。

佐川急便のお荷物問い合わせサービスを利用すれば、荷物の状況を把握することができるので心配は不要です。

佐川急便に荷物を預けると「集荷」になります。

次に「輸送中」が表示されます。

「輸送中」とは、荷物が届け先の近くの営業所に運ばれている時間に表示されているようです。

配達先の近くの営業所から届け先に荷物を配達しているときに「配達中」の表示になります。

配達先に荷物が配達されると「配達完了」の表示がされます。


PAGE TOP