子供が病み上がりで機嫌が悪く元気がない時

Sponsored Link

子供の病み上がりの生活・食事など気になることがあります。

子供の病気で慌てているママも多いのではないでしょうか。

よく見られる子供の感染症には、

・単純ヘルペス感染症・手足口病・夏かぜ・はしか(麻疹)

・突発性発疹・風疹・みずぼうそう・インフルエンザ脳症

・りんご病・プール熱・おたふくかぜ・急性虫垂炎・中耳炎・ヘルパンギーナ

・ヘルペス性口内炎・髄膜炎・溶連菌感染症などがあります。

皮膚の病気には、

・じんましん・草木かぶれ・とびひ・しもやけ・なめまわし皮膚炎

・水いぼ・ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群などがあります。

単純ヘルペス感染症には乳児期の病気のヘルペス性歯肉口内炎などがあります。

乳児期には指のおしゃぶりから起こる指先の単純ヘルペス感染症もあります。

アトピー性皮膚炎がある赤ちゃんは皮膚の抵抗力が弱いことから、カポシー水痘洋発疹症を発症することもあります。

手足口病は幼児や学童の間で夏ころに流行する病気です。

子供だけの感染症ではなく大人にも感染することがあります。

手足口病に感染すると38度近くの発熱の後に2~3日して手足に発疹や口内炎ができます。

夏かぜは、梅雨のころから夏季に発症します。

夏かぜには、ヘンペルギーナ・手足口病・プール熱も含まれます。

子供のかぜは悪化して肺炎になる可能性もあるので注意が必要です。

子供はいろいろな病気になります。

免疫力が低い子度は、病み上がりのケアをシッカリすることで再発を防止できます。

 

次に、子供の病み上がりについて紹介します。

 

スポンサーリンク

子供の病み上がり

 

0I9A351215032114onepoint

 

子供の病み上がり後の生活では、病気が治ってからどのくらいで遊んでもOKなのでしょうか。

自分の子供が病気になってから外で遊ばせても良いタイミングや、子供の友達が病気になったときに一緒に遊ばせる時期などに悩むママも多いようです。

診察を受けている病院のお医者さんに確認するのが一番わかりやすいですね。

知恵熱などの2~3日で治まる病気であれば元気になったら遊ばせてもよいですが、感染症は他の子供にも感染するので注意が必要です。

お友達と遊ばせてもよいか否かの判断は、医療の専門家の判断に従うのが適切です。

 

子供の病み上がりの食事

 

yjimage

 

子供の病み上がりでは食事の悩みもあります。

子供の病気でも多い“かぜ”の病み上がりの食事を紹介します。

かぜを発症する原因は免疫力の低下です。

睡眠不足・疲れ・栄養バランスが悪いなどが続くと、免疫力が弱くなってウイルスや細菌に感染しやすくなります。

一般的なかぜ症状には、発熱・腹痛・のどの痛み・鼻水などがあります。

がぜの病気の病み上がりの食事では、ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンE・亜鉛などの栄養素がポイントになります。

 

病み上がり後に良く寝る

 

子供は病み上がり後に良く寝ます。

子供が病み上がり後に良く寝るのは体力回復のためです。

病気が回復したように見えても、体はウイルスや細菌と戦っているので体力を消耗しています。

消耗している体力を回復させるために良く寝ているようです。

子供の免疫力は低いので大人のように短期間で回復できません。

体内には長くウイルスや細菌が残っているようです。

 


PAGE TOP