7月20日は何の日 ハンバーガーの日の由来とイベント

Sponsored Link

7月20日は「ハンバーガーの日」です。

1996年の平成8年に日本マクドナルドが制定し、一般社団法人・日本記念日協会が認定・登録しています。

ハンバーガーとは、基本的にひき肉のバーガーパティを丸いバンズに挟んだサンドイッチになります。

アメリカのハンバーガーのバーガーパティ含まれる肉は、農務省令によって法律上牛肉100%と定められています。

合い挽き肉などの牛肉以外の肉が入ったバーガーパティを使っている場合は、ハンバーガーと呼ぶことはできません。

アメリカでも、一部のハンバーガーチェーンではミートパティ以外のものを挟んだ商品もあります。

本来のハンバーガーは、ひき肉のバーガーパティを丸いバンズに挟んだサンドイッチなので、ハンバーガーと同じバンズを使ってもバーガーパティが牛肉のひき肉以外のものはフィッシュサンドイッチ・チキンサンドイッチ・ステーキサンドイッチなどと呼ばれています。

 

次に、ハンバーガーや7月20日の「ハンバーガーの日」の紹介をします。

 

スポンサーリンク

7月20日の「ハンバーガーの日」

 

ee0b59ff74a596d23d4de14c81a4aa49

 

7月20日の「ハンバーガーの日」の由来を紹介します。

7月20日の「ハンバーガーの日」は、1996年の平成8年に日本マクドナルドが制定し、一般社団法人・日本記念日協会が認定・登録しています。

ハンバーガーの日の由来は、「マクドナルド」が日本初のハンバーガーショップを東京都中央区の「銀座三越」にオープンした7月20日を記念して制定されました。

7月20日の「ハンバーガーの日」は、1969年にアポロ11号が月面着陸を果たした日・1819年に南米コロンビアがスペインから独立を果たした日など記念すべき日です。

 

日本のハンバーガー

 

5c0e525c18e4ebf2f3ff16eb65364472_s

 

7月20日の「ハンバーガーの日」には、ハンバーガーチェーンにいって家族でハンバーガーにかぶりつきませんか。

ハンバーガーはサンドイッチの一種でホットドックと同じ仲間です。

ハンバーガーをレストラン等で食べる場合はナイフ・フォークを使用しますが、一般的にはファストフード店では紙袋(バーガー袋)に入れて食べます。

日本のバーガーチェーンには、丸いバンズに鶏肉や魚のフライ、焼肉、コロッケなどを挟んだものや、パンの代わりにご飯やレタスを用いたもの・肉の代わりに大豆タンパクなどを用いたものなどいろいろあります。

ハンバーガーは、一人で食べても家族で食べても美味しいですね。

 

ハンバーガーショップ

 

7月20日の「ハンバーガーの日」にはハンバーガーチェーンでもキャンペーンがあります。

お得セットなどがあるお店もあるので、最近ハンバーガーを食べていないなーと思っている人は覗いてみませんか。

日本人に人気のファストフード店には、「マクドナルド」・「モスバーガー」・「ロッテリア」などのハンバーガーショップがあります。

「マクドナルド」は、日本のハンバーガー市場におけるシェア率NO1のハンバーガーショップです。

日本人で「マクドナルド」の名を知らない人は見つけるのが難しいですね。

 


PAGE TOP