日光アレルギーは目にもある?どんな症状?

Sponsored Link

日光アレルギーになれば、目の充血・涙・異物感があります。

紫外線アレルギーは、日光アレルギー・日光敏感症・日光性皮膚炎とも言われます。

紫外線アレルギーの日光過敏症や日光性皮膚炎は、少しの日光を浴びただけで肌がかゆく・赤くなります。

紫外線アレルギーは紫外線の浴びすぎが原因です。

日光アレルギーはサングラスで、日光敏感症や日光性皮膚炎は露出の少ない服の着用が大切です。

サングラスを選ぶときには紫外線カットに優れたタイプを選ぶことが大切です。

濃い色のサングラスが紫外線カットに優れていることはないので注意が必要です。

目の充血・涙・異物感などの日光アレルギーが始まったら、紫外線用の目薬をさします。

紫外線用の目薬をさすことで目の炎症を改善できます。

日光アレルギーの対策にはUVカットに優れたサングラスをおススメします。

 

次に、日光アレルギーが疑われる目の症状や予防などを紹介します。

 

スポンサーリンク

紫外線アレルギー(日光アレルギー)

 

sigaisenjyosei

 

紫外線アレルギーは突然始まります。

紫外線を浴び続けることで突然日光アレルギーが始まります。

日光アレルギーになると目の充血・涙・異物感に悩まされます。

紫外線アレルギーを発症するステップを紹介します。

ステップ1・紫外線に対して抗体がつくられます。

ステップ2・紫外線を浴びる毎に抗体をつくって紫外線から身体を守ります。

ステップ3・抗体が一定量を超えた時に、湿疹・痒み・目の充血・涙・異物感などのアレルギー症状が出るようになります。

ステップ4・抗体が一定量を超えてしまうと、その後は紫外線を浴びるたびにアレルギー症状を発症します。

 

日光アレルギーの予防

 

077209-thumbnail2

 

紫外線アレルギーには、日光アレルギー・日光敏感症・日光性皮膚炎などがあります。

日光アレルギーは突然始まります。

目の充血・涙・異物感などの日光アレルギーを一度発症すると、紫外線を浴びるたびに悩まされます。

日光アレルギーの予防にはサングラスです。

サングラスでの選び方では注意点があります。

サングラスでは、色が濃いレンズよりもUVカットが優れているタイプを選んでください。

サングラスの色と紫外線カットの性能は関係がありません。

紫外線カットのサングラスを選ぶときには「紫外線透過率」を指標にしてください。

 

サングラスの必要性

 

日光アレルギーを発症すると、紫外線を浴びるたびに目の充血・涙・異物感などの不快感に悩まされます。

紫外線は日光アレルギーだけでなく、視力低下を引き起こす「白内障」・「翼状片」・「瞼裂斑」の原因になります。

サングラスを選ぶときには、「紫外線透過率」が低いレンズを選んでください。

「紫外線透過率1%」以下のサングラスであれば紫外線を99%以上カットできます。

 


PAGE TOP