閃輝暗点(せんきあんてん)で頭痛がない時は〇〇?!何科?

Sponsored Link

閃輝暗点頭痛がない時には眼科と脳外科の両方を受信することをおススメします。

閃輝暗点は“せんきあんてん”と読みます。

閃輝暗点とは、片頭痛の前兆現象として現れることが多い症状とされています。

閃輝暗点は、定期的に起こる場合が多いので日常生活で注して症状に気づいたら病院での診察をおススメします。

閃輝暗点の症状は、突然に視野の真中あたりにキラキラした点が出現します。

太陽を直接目にした後の残像のようなキラキラした点が現れる視覚障害が起きたら閃輝暗点の疑いがあります。

閃輝暗点の症状には、・視界の一部がゆらゆら動きだす・物がゆがんで見える・目の前が真っ暗になるなどがあります。

キラキラした光る点はみるみるうちに拡大して視界の大部分が見えなくなることもあります。

視覚的症状は短時間に進行するので注意が必要です。

見えなくなる閃光と暗点は広がって視野の外に出て消えていきます。

閃輝暗点の症状は目を閉じていても起きます。

一般的にはキラキラした点が現れる視覚障害の症状が治まった後に片頭痛が始まります。

強烈な片頭痛は3~4時間続きます。

頭痛時は強烈な吐き気・嘔吐などを伴うことが多くなります。

若年の場合の閃輝暗点は、年齢と共に回数も減りそのうちにほとんど起こらなくなるようです。

中年の場合は注意が必要です。

中年の人で閃輝性暗点だけで頭痛が伴わないケースがあります。

中年で、頭痛を伴わない閃輝性暗点のときは脳の病気の疑いがあるようです。

脳の病気では、脳梗塞・脳動静脈奇形・脳腫瘍・脳循環障害などが疑われます。

 

次に、閃輝暗点や閃輝暗点頭痛がないケースについて紹介します。

 

スポンサーリンク

閃輝暗点

 

image

 

閃輝暗点の原因はまだ解明されていません。

現時点で考えられている原因にはストレスがあります。

閃輝暗点は眼球の異常ではなくストレスが原因ではないかという考えがあります。

ストレスから解放されてホッとしたときに閃輝暗点の症状に見舞われるケースが多いようです。

ストレスによる閃輝暗点の後の片頭痛の原因は頭の血管の収縮だそうです。

頭の血管が何らかの誘因で収縮して拡張するときに血管壁に炎症・浮腫をおこすのが原因だと考えられています。

一般的には、閃輝暗点が起こる原因は、脳の視覚野の血管が収縮して血の流れが一時的に変化するためだと考えられています。

チョコレートやワインの飲食でも閃輝暗点になるケースがあるようです。

 

頭痛を伴わない閃輝暗点

 

image-preview

 

閃輝暗点(せんきあんてん)で頭痛がない時には脳外科と眼科の診察をおススメします。

閃輝暗点が起こる原因は、ストレスなどで脳の視覚野の血管が収縮して血の流れが一時的に変化するためだと考えられています。

閃輝暗点頭痛がないのは脳の病気が考えられます。

一般的な閃輝暗点では、キラキラした点が現れる視覚障害の後に片頭痛が現れます。

片頭痛を伴わないキラキラの視覚障害の場合は、脳梗塞・脳動静脈奇形・脳腫瘍・脳循環障害などが疑われます。

脳外科での精密検査で原因を見つけて治療する必要をおススメします。

 

脳梗塞

 

閃輝暗点頭痛がないのは脳の病気には、脳梗塞・脳動静脈奇形・脳腫瘍・脳循環障害などがあります。

生活習慣病とも考えられる脳梗塞は、食習慣や生活習慣の改善で予防できます。

脳梗塞の大きな原因は動脈硬化です。

血管の内側の壁にコレステロールなどが蓄積して血管が厚く硬くなり、血液の流れが悪くなってしまった状態を動脈硬化と呼びます。

動脈硬化の原因になる生活習慣病は高血圧や脂質異常症です。

高血圧や脂質異常症を予防するには、喫煙・飲酒・肥満に注意する必要があります。

生活習慣と食習慣を改善することで、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病は予防できます。

生活の質(QOL)を低下させる脳梗塞予防のためにもダイエットは大切です。


PAGE TOP