妊娠中に生ハム・スモークサーモンを食べても大丈夫?

Sponsored Link

生サーモンや生ハムやレアステーキや生焼けの焼き肉などは妊娠中のママは食べてはいけません。

生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉には、トキソプラズマという寄生虫やサイトメガロウイルスがいる可能性があります。

トキソプラズマ(寄生虫)は、家畜の肉や感染したばかりのネコの糞や土の中などにいます。

どこにでもいる普通の原虫です。

小さな単細胞動物なので原虫を目では見えません。

日本では大人になってからトキソプラズマ(寄生虫)への感染率が高くなる傾向にあると言われています。

トキソプラズマ(寄生虫)に感染しても健康な人には全く問題はありません。

トキソプラズマ(寄生虫)に妊婦が初めて感染すると胎児にも感染が及ぶことがあるので注意が必要になります。

トキソプラズマ(寄生虫)に感染した胎児には、流産・死産や脳や眼の障害などが生じることがあります。

サイトメガロウイルスも世界中にいる普通のウイルスです。

日本では成人の半数以上が感染して免疫を持っているとされています。

子どもも大人も健康であればサイトメガロウイルスに感染しても全く問題はありません。

しかし、妊婦が初めてサイトメガロウイルスに感染したケースや妊婦の免疫力がひどく低下したケースでは胎児への感染のリスクが高くなります。

サイトメガロウイルスに感染した胎児には、流産・死産や脳や聴力障害などのリスクが高まることがあります。

 

次に、生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉は妊娠中のママは避けるべきなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

妊娠中のママ

 

ninpu

 

生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉は妊娠中のママにはおススメできません。

生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉には、トキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルスがいます。

一般の健康な子供や大人には問題がありませんが、妊娠中のママが初めてトキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルスに感染すると胎児に悪影響がでます。

 

トキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルス

 

toxocmv

 

トキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルスの感染を避けるには、生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉を妊娠中は避けることです。

妊婦がトキソプラズマ(寄生虫)に感染しても何も症状がないこともあるし胎児に影響が出る場合もあります。

また、出生時に問題がなくても成長するにつれて視力障害などの症状が出てくるケースもあります。

妊娠中のママから胎児がサイトメガロウイルスに感染しても何も症状がないこともあるし障害があることもあります。

出生時に問題がなくても成長するにつれて難聴などの症状が出る場合もあります。

 

妊娠健診時の抗体検査

 

生サーモン・生ハム・レアステーキ・生焼けの焼き肉を気が付かないで妊娠中のママが食べる場合もあります。

妊娠中のママであればトキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルスの感染が気になりますね。

トキソプラズマ(寄生虫)とサイトメガロウイルスに感染しても抗体があれば赤ちゃんには影響はありません。

妊婦健診時に行うトキソプラズマ抗体検査で、トキソプラズマに対する免疫の指標となる抗体があるかどうかをチェックできます。

サイトメガロウイルスに対する免疫の指標となる抗体の有無を調べる抗体検査もあります。

サイトメガロウイルス抗体検査は、妊婦健診の中に含まれていないので任意に受ける必要があります。

 


PAGE TOP