不運が続くのは幸運の前触れ?悪いことが続いた時の風水の活用方法

Sponsored Link

不運は幸運の前触れと言われることがありますが本当でしょうか?

悪いことが続いているときに“そのうちいいことがあるよ”と慰められたことがありませんか。

「そのうちいいことがある」という言葉は、ただの気休めではありません。

嫌なことが続いた後は幸運が訪れることがあります。

不運には誰でも遭いたくありませんが、不運が幸運の前触れであると考えれば不運の受け止め方も違ってきます。

不運の時でも、運気が好転し始めるサインを知っていれば元気にもなれます。

嫌なことが続く時の風水の活用方法なども知っていれば役立ちそうです。

 

次に、不運は幸運の前触れ・嫌なことが続いた後は・嫌なことが続くときの風水の活用などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

不運は幸運の前触れ?

 

pixta_39731204_S-640x358

 

不運は幸運の前触れと言われることがあります。

不運は幸運の前触れの中に、“嫌なものが自分から離れていく”ということがあります。

自分が苦手としている人が離れていった経験はありませんか。

職場や日常生活でのプライベートでも、苦手にしている人や付き合いたくない人がいます。

苦手な人・嫌な人・付き合いたくない人を怒らせてしまって、疎遠にされてしまうことがあります。

怒らせた相手が「苦手な人・嫌な人・付き合いたくない人」の場合は、「不運は幸運の前触れ」のサインだと考えられます。

「苦手な人・嫌な人・付き合いたくない人」を手放せば、空いたところには自分に合う人が収まります。

自分に非礼があった場合はスグに謝罪してください。

そして、「苦手な人・嫌な人・付き合いたくない人」は快く手放しましょう。

次に、嫌なことが続いた後は・嫌なことが続くときの風水の活用方法などの紹介をします。

 

嫌なことが続いた後には

 

28d86a99f48f04003418b0a485ac2749

 

「不運は幸運の前触れ」のサインだと考えて、ポジティブ思考でワクワク生活しませんか。

不運が続いている時期は、頑張っても上手くいきません。

頑張っていても、邪魔や障害があってトラブルが続くということもあります。

その原因は不可抗力によるものも多く、自分ではどうすることもできない場合もあります。

嫌なことが続いた後は、修業期間を過ぎて悪い流れが良い流れに変わったと考えてポジティブに生活しましょう。

人生の多くは悪い流れと良い流れの繰り返しです。

悪い流れでも頑張っていれば、貴重な経験・苦労・努力が積み重ねられます。

嫌なことが続いた後はポジティブ思考を維持して新しいことを始めてみませんか。

新しい試みから新規の発想が生まれて良い流れをつくりだすことができます。

次に、嫌なことが続くときの風水の活用方法を紹介します。

 

嫌なことが続くときの風水活用

 

「不運は幸運の前触れ」とも言われています、嫌なことが続いた後はポジティブ思考を維持しながら新しいことに挑戦してみませんか。

嫌なことが続くときには風水を活用して、良い流れに導く方法があります。

悪い流れを良い流れに導く風水に「深呼吸をする」があります。

悪い環境に居続けると、体に悪い運をため込んでしまうことがあります。

悪い流れを浄化するためには、環境を変えて気分一新することが大切です。

悪い流れを変える方法には、環境を変えるなどの転職・引っ越しなどもあります。

その場で身についた悪い流れを良い流れに導く方法が「深呼吸」です。

お腹の底から大きく息を吸ってゆっくり吐き出します。

深呼吸を3回繰り返してください。

悪い流れは深呼吸で良い流れにチェンジしましょう。


PAGE TOP