ごわごわタオルを柔らかくふわふわに復活する方法

Sponsored Link

ふわふわで柔らかいタオルがゴワゴワになっていませんか。

ごわごわタオルを柔らかくするには、どうすればよいのでしょう。

ゴワゴワタオルをふわふわにする方法を知りたい人も多いようです。

ゴワゴワタオルを、柔らかいふわふわタオルに復活できれば家族にも喜ばれそうです。

「タオル美術館ICHIHIRO」というのがあります。

タオルを取り扱っている美術館で、2000年4月29日に地元のタオルメーカーの一広株式会社によってつくられました。

「タオル美術館ICHIHIRO」の展示内容は、タオルの製造工程・綿のオブジェ等です。

・タオルを使って作られたタオルアート

・綿花から糸になるまでの紡績工程

・タオルの製織工程などを展示しています。

タオルの製織工程は、実際の機械を使用して展示しています。

「タオル美術館ICHIHIRO」には、西日本最大面積を誇るタオルの物販コーナーがあります。

他にも、四国瀬戸内物産コーナー・フォション社の紅茶を味わえるミュージアムカフェなどもあります。

美術館3階のタオル工房では、購入したタオル製品に刺繍で名前を入れることができます。

約10000坪の「ヨーロピアンガーデン」では、四季を通じて様々な自然を満喫できます。

所在地は、愛媛県今治市朝倉上甲になります。

開館時間は、通年で9時30分から18時のようです。

 

次に、タオルのこと・ごわごわタオルを柔らかくするには・ゴワゴワタオルをふわふわにするには・ゴワゴワタオルからふわふわに復活などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

タオルのこと

 

0cbee500712f1c7dfb601d7473e1789f_t

 

ごわごわタオルを柔らかくする方法や、ゴワゴワタオルをふわふわにする方法や、ゴワゴワタオルからふわふわに復活させる方法などを分かるために、タオルの概要を紹介します。

タオルを英語表記すると「towel」になります。

タオルは、タオル地の布で作られた手ぬぐいのことです。

サイズや用途によって、フェイスタオル・バスタオル・ビーチタオル・スポーツタオルなどに分類されています。

毛布として使うタオルケットもあります。

吸水性や肌触りに優れたタオルの多くは、表面にループ状の細かい糸(輪奈)が飛び出している布地になっています。

タオルの布地は粗く通気性に富んでいます。

基となっている部分の厚みは用途によって違いがありますが、起毛部分は数ミリメートル程度です。

タオル全体の厚みは1cm以内というのが一般的です。

風合いや高級感を増すために長い起毛を持っているタオルや、起毛部分を減らした手ぬぐいのようなタイプもあります。

タオルの用途は、濡れたものを拭く・濡らして汚れをふき取るなどです。

肌触りが良いので人の体を拭くために利用されています。

安価なタオルのなかには、数回洗っただけで伸びたり縒れたりするのもあるので購入時は注意が必要です。

頻繁に洗濯することを前提とした使い方のタオルの場合は、丈夫な下地で洗っても風合いが損なわれ難いのを選びましょう。

 

ゴワゴワタオルを柔らかく

 

_1203-3127

 

安価なタオルのなかには、数回洗っただけでごわごわタオルになる場合もあります。

いつまでも柔らかくてふわふわして風合いが損なわれないのを選びましょう。

固くてごわごわしたタオルは肌触りが悪いので気持ちが良くありません。

柔らかくてふわふわだったタオルが固くてごわごわになる原因には4つ程度あります。

・タオルの表面のパイルの潰れ

・タオルの汚れが落ちていない

・長時間外に干した

・タオルの寿命などです。

次に、ゴワゴワタオルをふわふわにして、ゴワゴワタオルを柔らかふわふわタオルに復活する方法を紹介します。

 

ゴワゴワタオルのふわふわ復活

 

ごわごわタオルを柔らかくする方法を知っていれば家族にも喜ばれます。

ゴワゴワタオルをふわふわにするポイントは洗い方と干し方です。

洗い方と干し方に気を付けることで、ゴワゴワタオルを柔らかいふわふわタオルに復活できます。

タオルの汚れをシッカリ落とすことが、ごわごわタオルにならない大切なポイントです。

タオルを柔らかいふわふわに洗うには、洗濯機のスペースに余裕をもって最大数量で時間をかけて洗います。

ふわふわタオルに洗うために柔軟剤を入れすぎるのは良くありません。

タオル生地を傷めないように、10回の洗濯に1回程度柔軟剤を入れます。

乾燥機であればふわふわタオルに乾かせますが、外に干す場合は乾き過ぎに注意が必要です。

外に干したタオルは乾いたらスグに室内に取り込んでください。


PAGE TOP