猫が布団でおしっこした際の洗濯、粗相対策。クリーニングに出せる?

Sponsored Link

ペットに猫や犬を飼っている家庭も多いですね。

猫の尿が布団についたらどうしていますか?

猫が布団に粗相をして困ったことがある人も多いと思います。

猫の尿の独特の臭いは洗ってもなかなか取れないので困ります。

猫の尿がついた布団の洗い方はどのようにすれば良いのでしょうか。

布団に猫が粗相をしたときの尿の洗い方を知ることは大切です。

羽毛布団に猫が粗相したときに、クリーニング?コインランドリー?と悩まなくてもすみます。

 

次に、布団についた猫の尿の洗い方・羽毛布団についた猫の粗相はクリーニングで洗う・猫の尿のついた布団はコインらドリーで洗える、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

布団についた猫の尿

 

05181130_591d072c7584a

 

布団に猫が粗相をしたときに、独特の臭いの尿の洗い方に困ります。

一般的に猫はきれい好きで、シャンプーしなくても臭くなることはあまりありません。

それなのに猫の尿は独特の激臭がします。

ペットに猫を飼っている家庭では、猫のおしっこの臭さに悩んでいることも多いようです。

猫の尿の独特の臭いが気になって、家に人を入れるを躊躇するという家庭も多いようです。

コマめに掃除をしたり空気清浄機を使っていても、猫の臭いが気になることがあります。

猫の祖先は砂漠で暮らしていたので、少ない飲み水で効率的に体内の老廃物を排出できるようになっています。

そのため猫は凝縮した尿を作るようになっています。

猫の尿が独特の激臭なのは尿が凝縮されているからです。

猫のおしっこは少ない・色が濃い・臭いも濃厚、という特徴があります。

人間と同じく猫の尿でも、排出してスグはあまり臭いません。

尿の悪臭の原因は、時間が経過して尿の成分が分解されて臭い成分が発生するからです。

尿の悪臭成分には「アンモニア」がありますが、猫の尿には「フェリニン」という独特の物質も含まれています。

猫の尿に含まれている「フェリニン」は猫やネコの近縁動物にだけが含んでいる物質です。

「フェリニン」はアミノ酸の一種で、アンモニアと違って無臭ですが、空気に触れると悪臭を放つ物質に変化します。

次に、羽毛布団など布団に猫が粗相したときのクリーニングの方法を紹介します。

 

クリーニング店にだす?

 

index-img01

 

布団に猫が粗相したときの尿の洗い方にはクリーニング店に出す方法があります。

クリーニング店によっては別料金が必要な場合もあるので、クリーニングに出す前に確認が必要です。

クリーニング店によっては、臭いが落ちきれないこともあるようです。

クリーニング店に、猫の尿がついている布団の臭いが落ちるかなどの確認をしてだせば、トラブルを防げます。

近くのクリーニング屋さんに頼んでも、猫の尿の臭いが落ち来てないときには自分で洗ってはどうでしょうか。

次に、羽毛布団など布団に猫が粗相したときの自宅で洗濯する方法を紹介します。

 

自宅で洗濯

 

布団に猫が粗相したときの尿の洗い方には、クリーニング店に出す方法と自宅で洗濯する方法があります。

羽毛布団などの布団に猫が粗相したときの洗濯の方法を紹介します。

自宅で洗濯する方法には、

・布団に熱湯をかけて押し洗いする

・布団に重曹をまいて洗う

・布団にクエン酸を吹きかけて洗う、方法があります。

猫の尿がついた部分に熱湯をかけて部分洗いする方法です。

熱湯を何度もかけて繰り返し部分洗いします。

重曹には消臭効果が期待できます。

猫の尿がついた部分に重曹をつけてから、40℃程度のお湯につけ置きします。

しばらくしてから尿がついた部分をもみ洗いすればOKです。

クエン酸を使う方法は、羽毛布団などに猫の尿がついたときの消臭におススメです。

猫の尿がついた部分にクエン酸をつけて熱湯でもみ洗いすればOKです。

猫の尿がついた布団をコインランドリーで洗うときには、事前に猫の尿がついた部分を重曹で洗い落とします。

猫の尿がついた部分をある程度洗ってから、布団丸洗いコースでキレイにできます。


PAGE TOP