対象、対照、対称の意味の違いと使い方

Sponsored Link

対象・対照・対称の読みは「たいしょう」ですが意味は違います。

対象・対照・対称の正しい意味を知らなければ安心して使うこともできません。

 

次に、対象・対照・対称の意味と違いと使い方を紹介します。

 

スポンサーリンク

対象

 

img_15261

 

対象・対照・対称の違いが分かるために「対象」の概要を紹介します。

対象の意味は、目的・目標とするものになります。

行為が向けられる目的や目標や相手のことを対象と言います。

対象を英語表記すると「object(オブジェクト)」になります。

対象の使い方は、

・「調査対象」・「恋愛対象」・「対象とした商品」・「○○の人を対象にした」

・「主婦を対象にした商品」・「30代女性を対象にした化粧品」

・「幼児を対象にした番組」・「課税の対象の資産」などです。

対象は、対照や対称とは異なり、一つの相手や複数でも一括りの相手に関することです。

 

対照と対称

 

Heart

 

対象・対照・対称の違いが分かるために「対照」と「対称」の概要を紹介します。

対照の意味は、比較する・〇と〇を照らし合わせるになります。

他と照らし合わせて比べることを対照といいます。

対照は、性質の異なるものの違いがきわだつことです。

対照は、「対」と「照」という漢字の組み合わせのとおり2つのものを「照らし合わせる」時に使います。

対照の英語表記は「contrast(コントラスト)」になります。

対照の使い方は、

・「比較対照」・「対照的な色使い」・「対照的な性格」

・「〇と〇を対照にする」などがあります。

対称の意味は、向かい合って釣り合っていることです。

互いに調和を保って釣り合っていることや、向き合う二つの点・線・面などが釣り合う関係にあることを対称といいます。

対称の英語表記は「symmetry(シンメトリー)」です。

対称の使い方には、

「左右対称」・「点対称」・「線対称」・「対称図形」などがあります。

対照と対称は二つのものをいいますが意味は異なります。

対照は「比較」に使います。

対照的といえば、違いがはっきりした様になります。

対称は「釣り合う」ことに使います。

対称的といえば、形や配列などが同じことになります。

 

「たいしょう」

 

対象・対照・対称の読みは、全て同じく「たいしょう」ですが意味は全く違います。

英語表記「object(オブジェクト)」の対象は、目的・目標とするものになります。

英語表記「contrast(コントラスト)」の対照は、他と照らし合わせて比べることです。

英語表記は「symmetry(シンメトリー)」の対照は、向かい合って釣り合っていることです。

「たいしょう」と読む漢字には、

大正・大賞・大将・大勝・対症・隊商・大笑・大笑・大昇・大商などたくさんあります。


PAGE TOP