男性にもある更年期障害を自己診断でチェック!

Sponsored Link

男性の更年期障害の自己診断をしてみませんか。

男性が更年期障害を発症するときの平均年齢は45~65歳になります。

働き盛りの男性に起こる体や心の不調になります。

男性が更年期障害を発症する原因は男性ホルモンだと考えられています。

男性ホルモンのテストステロンが減少することで女性の更年期障害と似たような症状があらわれてきます。

20代・30代・40代前半では気にならなかった身体の変化が気になるようになります。

男性ホルモン(テストステロン)の分泌量が少なくなるとイライラやうつ症状が現れる人が増えます。

男性ホルモン(テストステロン)が減ってコーチゾールが増えると不安感・悲壮感・睡眠障害が現れるようになります。

45~65歳の男性で体や心の不調を感じる人は更年期障害の診断を受けてみませんか。

 

次に、男性の更年期障害の自己診断・診断基準・原因・対策などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

更年期障害の診断

 

kounenki-01

 

45~65歳の働き盛りの男性は更年期障害になりやすい時期です。

更年期障害の診断基準を知れば男性の更年期障害の自己診断ができます。

次に、更年期障害の自己診断のチェック項目を紹介します。

・なんとなく全体的に調子が悪い

・原因不明の関節痛や筋肉痛がある

・原因不明のひどい発汗がある

・睡眠の悩みが大きい

・日中の仕事中に眠くなる

・イライラすることが多い

・神経質になることがある

・いつも不安感がある

・疲労感がある

・行動力が衰えた

・筋力の低下を感じる

・理由がない憂鬱感がある

・将来に不安感がある

・性的興奮がない

・早朝勃起がなくなった

・性欲を感じないなどがあります。

 

更年期の原因

 

menopause_img01

 

45~65歳の働き盛りに更年期障害になると辛いですね。

性的興奮がない・早朝勃起がなくなった・性欲を感じないなどがあるとパートナーに対して自信がなくなります。

女性は40代から性欲が強くなるケースもあるようです。

また、妊娠不安がなくなる50代からは安心してSEXできるので性欲が高まる女性も現れるそうです。

睡眠不安・イライラ・神経質・疲労感があっては仕事にも悪影響を与えます。

更年期障害を改善して元気と自信を取り戻しませんか。

男性の更年期障害の原因は男性ホルモンのテストステロンです。

男性ホルモン(テストステロン)のピークは20代です。

20代をピークにして年齢とともに減少し始めます。

30代頃では減少量も少ないので更年期障害があらわれることはありませんが、40代中ごろになるとテストステロンの分泌量の減少が心や体に影響を与えることがあります。

更年期障害の自己診断で症状が現れていたら更年期障害の原因をチェック表で確認してみませんか。

毎日の食習慣や生活習慣を見直すことで更年期障害を改善できます。

 

更年期の対策方法

 

チェック表で男性の更年期障害の自己診断をしてみませんか。

更年期障害の症状があらわれていたら生活習慣と食習慣を見直しましょう。

次に、更年期障害を改善する生活習慣と食習慣を紹介します。

男性更年期障害を改善する生活習慣改善の基本は筋肉増強です。

運動をして筋肉を刺激すると男性ホルモンの分泌をサポートできます。

毎日の生活の中に、筋肉トレーニングや有酸素運動を取り入れてください。

激しい運動は不要です、爽快感を感じる程度の筋肉トレーニングや有酸素運動でOKです。

器具を使う必要はありません。

つま先立ち・スクワット・縄跳び・腕立てなどの筋肉トレーニングやウォーキングでOKです。

男性ホルモンは寝ている間に分泌されるので早寝早起きをおススメします。

男性更年期障害を改善する食生活の基本は肥満改善です。

肥満は男性更年期障害症状になりやすくします。

栄養バランスとカロリー調整をして肥満を改善してください。

おススメの食品には、納豆・オクラ・山芋・ナメコなどのネバネバ食品があります。

 

 


PAGE TOP