ハンドクリームの使用期限は開封・未開封で違う?

Sponsored Link

手荒れケアにハンドクリームを使っている人も多いのではないでしょうか。

冬季には手荒れに悩まされている女性も多いようです。

冬季に手荒れが多い原因は空気の乾燥です。

手の保湿ケアにはハンドクリームが欠かせませんね。

ハンドクリームの使用期限が気になったことはありませんか。

開封後のハンドクリームの使用期限はどの程度でしょうか。

また、未開封のハンドクリームであれば使用期限はどの程度大丈夫なのでしょうか。

 

次に、手荒れ・手荒れ予防・ハンドクリームの使用期限などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

手荒れ

 

teare_woman

 

最表層の皮脂膜で覆われている角質層が手先を保湿しています。

皮脂膜とは、皮脂と汗が混ざった膜のことです。

角質層には角質細胞間を埋める脂質や天然保湿因子などが含まれています。

角質層が水分を保持することで、手先の皮膚の潤いが保たれています。

指先は皮膚の中でも脂腺が少ないので乾燥しやすくなっています。

脂線とは、皮脂を分泌して乾燥を防ぐ皮膚腺です。

手先は乾燥しやすいので、角質層で厚く保護されています。

水仕事で使う石鹸や洗剤などで皮脂膜を取り除いてしまうので注意が必要です。

冬季の乾燥した空気の環境で、手先の皮脂膜を取り除いてしまうと角質層の水分が喪失して手荒れを発症します。

手荒れが多い人は、指先に負担がかかりやすい主婦・美容師・飲食店員・銀行員などです。

また、小児期にアトピー性皮膚炎を発症した人は皮膚の刺激に弱い傾向があるので手荒れを発症することが多いようです。

手荒れの初期ではカサカサの乾燥程度ですが、手荒れ症状が進むと皮膚は硬くなって指紋が消失します。

手荒れが進んで症状が手全体におよぶと、発赤・かゆみ・痛みを伴って小さな水疱やひび割れが生じてきます。

皮膚がジュクジュクと湿潤してくる前に手荒れ対策をしてください。

手荒れしやすい人は、ハンドクリームを使った小まめなスキンケアは欠かせません。

次に、手荒れ予防・ハンドクリームの使用期限などの紹介をします。

 

手荒れ予防

 

2b91d0036e995d919ef9d6229789c0d4_t

 

冬季の乾燥した空気の環境で、手先の皮脂膜を取り除いてしまうと手荒れが発症します。

手荒れが重症化する前にハンドクリームを使ったスキンケアをしてください。

手荒れ予防では、手を洗いすぎないようにすることが大切です。

手を洗いすぎることで、手先を保護している皮脂膜が余分に取り除かれてしまいます。

手洗い後は、水分をシッカリ拭き取ることも大切です。

手先に残った水分が蒸発する際に皮膚を乾燥させます。

手の洗いすぎと水分の拭き取り不足は、手荒れが進行しやすくなる原因です。

手先の水分を拭き取るときは、強くこすらないように拭き取ることが大切です。

手に潤いを与えるハンドクリームなどの保湿剤を塗って皮膚の潤いを保ちます。

手荒れが進行したら皮膚科で薬を処方してもらってください。

皮膚科で診察を受けることで、自分の手荒れに合った薬を処方してもらえます。

 

ハンドクリーム

 

手の保湿ケアにはハンドクリームが適切ですが、ハンドクリームには使用期限が明記されていることが少ないようです。

ハンドクリームなどの化粧品にも使用期限はあるようです。

一般的なハンドクリームの使用期限は開封後と未開封で違います。

直射日光が当たらない冷暗所で保管しているハンドクリームの場合。

開封後のハンドクリームの使用期限は半年~1年以内が目安のようです。

未開封のハンドクリームの使用期限は3年が目安のようです。

只、使用期限は保管している環境で変わるので注意してください。

直射日光が当たる場所・高温多湿の環境では使用期限は短くなります。


PAGE TOP