男性の更年期障害対策と食事方法※おすすめの食物は?

Sponsored Link

男性の更年期障害対策と食事療法で働き盛りのパパの悩みを改善してください。

男性が更年期障害を発症するのは45~65歳の「働き盛り」年齢になります。

男性の更年期障害発症の原因は男性ホルモンです。

男性ホルモンのテストステロンの減少が男性の悩みを増やします。

男性ホルモン(テストステロン)生成のピークは20代です。

20代をピークに減り始めます。

40代以降の男性ではテストステロンの分泌量が大きいので身体の変化に気づくようになります。

男性の更年期症状には個人差があります。

更年期を迎えてもほとんど気にならない男性もいますが、日常生活に支障がる男性もいます。

男性の更年期症状には女性と共通したものもありますが男性特有の症状もあります。

 

次に、男性の更年期障害の症状や男性の更年期障害対策と食事などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

男性の更年期障害の症状

 

ppyjimage

 

男性の更年期障害の症状を感じたら、男性の更年期障害対策と食事療法を始めてください。

男性の更年期障害の症状には、

・だるさ・疲れやすい・疲れがたまりやすいなどの疲労感だけでなく、

・神経質・不眠・うつ・ほてり・のぼせ・動悸・めまい・メタボリックシンドローム

・集中力の低下・性機能低下・性欲の低下・ED・めまい・筋力の衰えなどがあります。

不安感・イライラ・無気力・意欲がなくなるなどの“うつ”や

胸が痛いや心臓が痛いなどの動悸や

夜の尿の回数が多い・小便が近いなどの頻尿は仕事にも大きな支障を与えます。

男性特有の更年期障害の症状があらわれたら病院で診察してもらいませんか。

 

男性の更年期障害対策と食事療法

 

男性の更年期障害対策と食事療法で働き盛りの男性の悩みを改善してください。

男性更年期障害を自覚したら悩まないで更年期障害対策を始めてください。

更年期障害対策におススメは、「男性更年期外来」や「メンズヘルスクリニック」などがある病院になります。

男の更年期障害対策用の医療機関が近くにないときには、悩んでいる症状に応じた科を受診してください。

 

食事療法と筋肉増強

 

k1yjimage

 

男性の更年期障害対策と食事療法で働き盛り人の悩みを改善します。

男の男性更年期障害対策は、食生活と生活習慣の改善がポイントになります。

食習慣と生活習慣を改善することで症状が軽くなることが期待できます。

食習慣の改善では肥満を解消することに重点を置くことが大切です。

男性更年期障害になると肥満を含めた生活習慣病になりやすくなります。

筋肉減少と肥満は男性ホルモンのテストステロンの働きを妨げます。

筋肉減少と肥満は更年期障害の症状を悪化させます。

肥満の解消には、太りやすい食習慣の改善と筋肉増強の生活習慣が大切です。

更年期障害対策でおススメの食材は、納豆・オクラ・山芋・ナメコなどのネバネバ食品とタンパク質です。

ネバネバ食品はたんぱく質の消化・吸収を効率化させる作用があるのでホルモン活性化に役立ちます。


PAGE TOP