トランク、キャリーバッグとスーツケースの違い。機内に運べるのは?

Sponsored Link

トランクとキャリーバッグとスーツケースの違いが分かりますか?

トランクを英語表記すると「trunk」になります。

トランクは、旅行用の大型鞄になります。

スーツケースより大型の鞄をトランクと呼んでいるようです。

 

次に、キャリーバッグとスーツケースの違いや、トランク・キャリーバッグ・スーツケースで飛行機内に持ち込めるのは?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

キャリーバッグ

 

illustrain02-travel03

 

キャリーバッグとスーツケースの違いを分かるために「キャリーバッグ」の概要を紹介します。

「キャリーバッグ」という呼び方は和製英語です。

日本では、キャリーバッグだけでなく、キャリーケースやキャスターバッグとも呼ばれています。

英語圏での「キャリーバッグ・キャリーケース・キャスターケース」は、単なる鞄や買い物袋を意味します。

日本で「キャリーバッグ・キャリーケース・キャスターケース」と呼ばれている鞄は、英語圏ではトロリーバッグやトロリーケースと呼ばれています。

トロリーバッグ(キャリーバッグ)はスーツケースの底に、小型の車輪がついている鞄のことです。

鞄についている小型の車輪は、底の4隅や底の一辺の2隅についています。

トロリーバッグ(キャリーバッグ)の中には、伸縮する取っ手や引っ張るのに便利な革紐が付いているタイプもあります。

トロリーバッグ(キャリーバッグ)は、使用時の音から“コロコロ”・“ガラガラ”と呼ばれることもあります。

 

スーツケース

 

20170712234851

 

キャリーバッグとスーツケースの違いを分かるために「スーツケース」の概要を紹介します。

スーツケースの英語表記は、「suitcase」になります。

スーツケースは、旅行用の鞄になります。

形状は、主に平たい長方形をしています。

スーツケースの材質は、硬質プラスチック・ビニール・布・革です。長方形の片側に取っ手がついていて、衣類やその他の旅具を持ち運ぶのに便利な仕組みになっています。

一般的には、二枚貝のように蝶番で開いて鍵がかかります。

現在のスーツケースには、重い荷物でも簡単に楽に運べるように小型の車輪が付いています。

取っ手と逆の底の部分に小型の車輪がついているスーツケースはトロリーケースやトロリーバッグと呼ばれています。

一般的なスーツケースと違い「トロリーケース・トロリーバッグ」は楽に重い荷物を運べます。

 

飛行機内に持ち込めるのは?

 

キャリーバッグとスーツケースの違いは、鞄の底に小型の車輪が付いているか否かです。

トロリーバッグ(キャリーバッグ)の底には小型の車輪が付いています。

スーツケースには小型の車輪はついていません。

飛行機内に持ち込める手荷物は大きさと重量制限があります。

旅行鞄のキャリーバッグ・スーツケースの名称にかかわらず、大きさと重量が制限内であれば機内に持ち込めます。

サイズ制限は、

100席以上の飛行機であれば、縦×横×厚さ=55cm×40cm×25cm以内になります。

100席未満の飛行機であれば、縦×横×厚さ=45cm×35cm×20cm以内になります。

重量は10kg以内です。


PAGE TOP