後厄と出産が重なった場合は厄落としをするの?

Sponsored Link

前厄・本厄・後厄の時に出産するなら男の子と女の子のどちらが良いのでしょうか。

出産は厄落としになるという話もありますが、男の子と女の子では違いがあるのでしょうか。

一生の中で厄難が起る年齢として忌み慎まなければならないとする年を厄年といいます。

厄年には気を付けて1年を過ごしましょうと言われたことはありませんか。

男性の厄年と女性の厄年は違います。

厄年は陰陽道に基づいて決められているという説が一般的になっています。

厄年と人生での大事なことが重なるとチョット心配になりますね。

結婚式を厄年に重ならないようにしているカップルもいます。

でも、妊娠や出産を厄年と重ならないようにするのはチョット難しいですね。

厄年と妊娠・出産が重なると悪いことが起きるのではないだろうかと心配するママもいるようです。

厄年を避けて妊娠・出産をするのは不可能に近いですね。

計画的に妊娠するのは難しいのと、厄年は前厄・本厄・後厄の3年間になります。

男性と女性の厄年は違うので、それぞれの前厄・本厄・後厄に重ならないように妊娠・出産するのはかなり難しくなります。

厄年の出産は「厄落としになる」ともいわれる説もあるので安心してください。

出産で厄落としができると言われている地方もあります。

厄年と妊娠・出産の重なりについては地域によっていろいろな言い伝えがあります。

厄年と妊娠・出産との重なりを心配する必要はなさそうです。

 

次に、前厄・本厄・後厄と出産との重なりや男の子・女の子出産と厄落としについて紹介します。

 

スポンサーリンク

前厄・本厄・後厄

 

yyyjimage

 

前厄・本厄・後厄と出産との重なりを避けるのは難しいですね。

男の子・女の子出産と厄落としとは関係があるのでしょうか。

厄年は平安時代頃にはあった風習だそうです。

陰陽道由来とされている風習なので科学的な根拠は特にありません。

厄年には前厄・本厄・後厄があるだけでなく、男性と女性では厄年が違います。

男性の前厄・本厄・後厄を紹介します。

「24歳・25歳・26歳」・「41歳・42歳・43歳」・「60歳・61歳・62歳」になります。

女性の前厄・本厄・後厄は、

「18歳・19歳・20歳」・「32歳・33歳・34歳」・「36歳・37歳・38歳」になります。

厄年の中でも、男性の42歳の本厄と女性の33歳の本厄は“大厄”として、凶事や災難に合う率が非常に高いとされています。

 

出産で厄落とし

 

kkyjimage

 

前厄・本厄・後厄と重ならないように出産するのは男の子と女の子のどちらでしょうか。

出産は厄落としになるという話もありますが本当でしょうか?などで悩んでいる女性もいます。

厄落としと妊娠・出産との重なりについては各地方の言い伝えで違います。

厄落としになるのは本厄での出産だとされている地域もあれば、出産はすべての厄落としになると考えられている地域もあります。

厄年と妊娠・出産との重なりを気にしないで、健康に気をつけて出産を迎えれば良いのではないでしょうか。

 

男の子と女の子のどちら?

 

前厄・本厄・後厄と出産との重なりを気にすることはありません。

男の子と女の子のどちらでも厄落としになると考える方が自然です。

本厄の年に出産するときだけ厄落としになるとされている地域もありますが科学的根拠はありません。

前厄の年は、災厄の起こる前年なので慎重に過ごしなさい・災厄は本厄の年だけだから前の年は関係ないなどの説を気にする必要はありません。

毎日の生活の中でリスク管理とリスク予測をして慎重に過ごすことが妊娠・出産では大切だと考えられます。

 


PAGE TOP