ストレッチが痛い理由。痛みがある時も続ける?治し方は?

Sponsored Link

ストレッチを英語表記すると「stret ching」になります。

ストレッチは、スポーツ分野や医療の分野では、筋肉の柔軟性を高める・関節可動域を広げる・呼吸を整える・精神的な緊張を解いたりする等の、心身のコンディション作りなどに効果があるとされています。

ストレッチという言葉が使われ始めたのは、1960年頃のアメリカからです。

スポーツ科学の論文中で使われ始めてから1970年代後半頃から急速に概念が広がりました。

ストレッチは、スポーツを始める前のウォーミングアップや、スポーツ後のクールダウンなど盛んに行われています。

 

次に、ストレッチのこと・ストレッチが痛い理由・ストレッチで痛みがある時・オーバーストレッチ・オーバーストレッチの治し方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ストレッチのこと

 

illust744

 

ストレッチでは静的ストレッチが良く知られていますが、筋肉の伸張・収縮を繰り返す動的ストレッチもあります。

また、リハビリテーションの手法を取り入れたPNFストレッチなどもあります。

静的ストレッチでは、筋肉をゆっくりと伸ばして柔らくして可動域を広げます。

昔は、静的ストレッチをすることで、スポーツでの怪我予防やパフォーマンス向上が期待できると考えられていました。

最近では、運動前の静的ストレッチはパフォーマンスを低下させる・ストレッチをすることで逆に怪我を増やすと言われています。

静的ストレッチをして可動域を一時的に広げることが、力の伝達ロスや不安定な関節になって怪我を発生しやすくすると考えられています。

運動後に静的ストレッチを行えば、パフォーマンス向上や怪我防止につながると言われています。

静的ストレッチの時間については、20秒程度が適当だとする考えが多いようです。

動的ストレッチは別名を「ダイナミックストレッチ」といいます。

動的ストレッチは、運動前に行うのに適しています。

運動前の静的ストレッチは、運動のパフォーマンスを下げるとされていますが、動的ストレッチは逆に怪我の予防やパフォーマンス向上に有効だと考えられています。

動的ストレッチについては、まだ動作の定義が定まっていません。

日本のラジオ体操は動的ストレッチに近いと考えられています。

次に、ストレッチが痛い理由・ストレッチで痛みがある時・オーバーストレッチ・オーバーストレッチの治し方などの紹介をします。

 

ストレッチで痛い

 

illust746

 

ストレッチで体の筋肉を刺激して、パフォーマンスや代謝をアップさせることができます。

ストレッチをして体が痛いと感じる時はオーバーストレッチの可能性が考えられます。

ストレッチをしていて体が痛い理由は、

・筋肉が衰えて萎縮している・精神的なストレスが多くなっている

・筋肉の疲れが溜まっている・普段の姿勢や動きが悪くなっている

・ストレッチ方法が間違っていて筋肉に不要な負担をかけているなどが考えられます。

只、ストレッチを行うことで好転反応と呼ばれる痛みを伴うこともあります。

ストレッチをしていて体に痛みがある時は、無理に動かさないで安静にすることが大切です。

痛い筋肉を無理に動かすと回復を遅らせてしまいます。

痛くなったら安静にして刺激を与えないようにして冷やすなどします。

次に、オーバーストレッチの治し方の紹介をします。

 

オーバーストレッチの治し方

 

ストレッチをしていて筋肉が痛い理由には、間違ったストレッチの方法やオーバーストレッチが考えられます。

ストレッチをしていて筋肉に痛みがある時は、筋肉に刺激を与えないように安静にして冷やしてください。

オーバーストレッチの治し方は安静にすることが最も適切です。

アイシングも効果的ですね、アイシングをすることで炎症を抑えて痛みを和らげる効果が期待できます。

タオルで圧迫する方法もあります。

患部をタオルで圧迫することで、腫れや炎症を抑える効果が期待できます。


PAGE TOP