成人祝いの子供、孫へ渡す相場、渡す時期、のしの書き方

Sponsored Link

子供や孫が成人になると成人祝いを用意する人も多いのではないでしょうか。

成人祝い金の相場は渡す相手によって異なります。

成人祝い金の相場で子供に渡す場合・成人祝いの相場で孫に渡す場合などです。

甥や姪に渡す場合もあるかもしれません。

子供や孫が成長して満年齢で20歳になると成人の日(せいじんのひ)を迎えます。

成人の日とは、大人の仲間入りをする人生の大きな節目の行事になります。

子供や孫の人生の節目を祝って、成人祝いを贈る人も多くいます。

大人の仲間入りをする新成人には、心からのお祝いをしたいですね。

「成人の日」は、日本の国民の祝日の一つになっています。

1999年(平成11年)までの成人の日は1月15日でしたが、ハッピーマンデー制度によって現在は1月の第2月曜日になっています。

「成人の日」は、国民の祝日に関する法律の趣旨は、「おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」となっています。

「成人の日」には、各市町村で新成人を招いて成人式が行われています。

成人式に参加する新成人は、成人式を行う年度内に満20歳となる人々になります。

学齢ごとに各日本の地方公共団体ごとに1月の第2月曜日に新成人を招いて激励・祝福する行事が行われます。

成人式では、講演会・パーティーを開いたり、記念品を贈るなどされています。

日本政府の主催ではなく、各地方自治体の自主的な行事です。

成人の日以外に主催する自治体もあります。

 

次に、成人祝い金の相場・成人祝い金の相場(子供)・成人祝い金の相場(孫)・のしの書き方・成人祝いの品などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

成人祝い金の相場

 

twenty-02

 

成人祝い金の相場を知っていれば、お祝い金のことで悩まなくても済みます。

身内のお祝い事なので、成人のお祝いは身近な人で祝います。

祝い膳や家族での外食などで、新成人の人生の節目と大人への仲間入りをお祝いします。

成人祝い金の相場は、子供の場合は1~5万円です。

成人祝いの相場で孫の場合は1~5万円です。

姪や甥の場合は1万円~になります。

親の友人や知人や遠い親戚の場合は5千円~になります。

 

成人祝いの「のし」の書き方

 

news_1_132

 

成人祝い金の相場を知っていれば悩まなくても良いですね。

成人祝い金の相場で子供の場合は1~5万円になります。

成人祝い金の相場で孫の場合は1~10万円になります。

熨斗(のし)の水引は慶事の紅白になります。

紅白の蝶結びのものを選びます。

蝶結び(蝶切り)の熨斗(のし)を選ぶ理由は、成人祝いが節目のお祝いであることで、何度でも繰り返したい慶事だからです。

熨斗(のし)の表の上段には、「御祝」・「御成人祝」・「祝御成人」などと書きます。

下段には贈る人の氏名をフルネームで書きます。

お祝い用の紙幣には新札を用意します。

肖像がある側を封筒の表面を向くように新札を入れるのがマナーです。

 

成人祝いのお祝いの品

 

成人祝い金の相場に悩まなくても良いように、成人祝い金の相場・子供は1~5万円、成人祝い金の相場・孫は1~10万円が目安と覚えておきましょう。

次に、子供に贈る両親からのお祝いの品を紹介します。

成人のお祝いの品で男性の場合は、スーツ・礼服・ネクタイ・腕時計・バッグ・靴・名刺入れなどになります。

成人のお祝いの品で女性の場合は、振袖・礼服・ジュエリー・ハンドバッグ・スーツ・ワンピース・腕時計などです。


PAGE TOP