幼稚園と保育園どちらが安い?学力、行事、面接の違いなど

Sponsored Link

幼稚園と保育園の違いが良く分からないという人も多いようです。

幼稚園と保育園どちらが安いのか気になりますね。

また、保育園や幼稚園の行事の違いなども気になります。

幼稚園と保育園の違いを知っていれば入園関係の面接対策もできます。

 

次に、幼稚園と保育園の違い・幼稚園と保育園どちらが安い・保育園と幼稚園の行事の違い・入園前の幼稚園と保育園の違い(面接他)などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

幼稚園と保育園の違い

 

illust4029

 

保育園と幼稚園は、管轄や法律が違っています。

保育園は厚生労働省の管轄になります。

保育園は厚生労働省管轄の「児童福祉施設」になります。

保育園は児童福祉法で定められています。

保育園で保育を行う保育士は国家資格になります。

保育園の目的は、保護者の委託を受けて乳児や幼児を保育することです。

厚生労働省管轄の保育園(児童福祉施設)での保育年齢は、0歳から小学校入学前までになります。

標準的な保育時間は、AM7時半~PM6時頃までになります。

施設ごとに異なりますが標準保育時間は8時間です。

幼稚園は文部科学省の管轄になります。

幼稚園は文部科学省管轄の「教育施設」になります。

幼稚園は学校教育法で定められています。

幼稚園で幼児のお世話をするには教諭免許が必要になります。

文部科学省管轄の幼稚園は、3歳から小学校入学前までの幼児が利用できる教育施設になります。

幼稚園の目的は、幼児を保育し適当な環境を与えて心身の発達を助長することです。

幼稚園の標準的な保育時間は、AM9時~PM2時頃までです。

施設ごとで異なりますが標準保育時間は4時間になります。

次に、幼稚園と保育園どちらが安い・保育園と幼稚園の行事の違い・入園前の幼稚園と保育園の違い(面接他)などの紹介をします。

 

幼稚園と保育園どちらが安い

 

illust2411

 

幼稚園と保育園の大きな違いは管轄と法律です。

保育園は厚生労働省の管轄で、幼稚園は文部科学省の管轄になります。

保育園は児童福祉法・幼稚園は学校教育法で定められています。

幼稚園と保育園どちらが安いが気になるパパとママも多いようです。

保育園の保育料は自治体が保護者の所得状況に応じて設定します。

幼稚園の保育料は効率と私立で大きく違います。

私立幼稚園は幼稚園の設置者が設定します。

公立幼稚園は自治体が設定します。

保育園や公立幼稚園は、自治体のホームページで確認できます。

私立幼稚園の場合はパンフレットやホームページで確認できます。

次に、保育園と幼稚園の行事の違いや、入園に関係する幼稚園と保育園の違い(面接他)の紹介をします。

 

保育園と幼稚園の行事の違い

 

幼稚園と保育園の大きな違いは、管轄と法律です。

幼稚園と保育園どちらが安いかは、自治体のHPや私立幼稚園のHPで確認できます。

保育園と幼稚園の行事の違いはコンセプトの違いになります。

保育園は両親に代わって保育する場所になります。

幼稚園は1日に4時間程度の教育を受ける場所になります。

保育園は、乳児~幼児の集団が楽しく生活する場所になります。

幼稚園は幼児が集団んで何かを学ぶ場所になります。

保育園では基本的に勉強を主体にしていないので一般的な行事になります。

勉強・音楽・絵画などに特色がある幼稚園もあります。

私立や公立などでも違いますが、幼稚園ではいろいろな行事があります。

幼稚園と保育園の違いでは面接もあります。

幼稚園の面接では、子供への質問・親への質問があります。

幼稚園の子と親の面接時の問答集もネットでたくさん見つけられます。

私立幼稚園では服装なども気を付ける必要がありそうです。

保育園の面接では、

・家族構成・就労状況・アレルギーの有無・子供の健康状態

・保育園を選んだ動機・食べ物の好き嫌い・家での呼び名

・起床と就寝時間・兄弟の有無などが聞かれるようです。


PAGE TOP