「キャリアプラン」「キャリアパス」の意味・使い方・具体例

Sponsored Link

「キャリアプラン」と「キャリアパス」の違いを知らないと将来目標が定まりません。

キャリアプランやキャリアパスの正しい使い方を知っていると、仕事のモチベーションアップに役立ちます。

キャリアプランの具体例などを答えられれば就職時に役立ちます。

 

次に、キャリアプランのこと・キャリアプランのメリット・キャリアパスのこと・キャリアプランとキャリアパスの違い・キャリアパスの使い方・キャリアプランの具体例などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

キャリアプラン

 

 

キャリアプランとキャリアパスの違いを分かるためにキャリアプランの概要を紹介します。

キャリアプランは自分の将来計画になります。

自分自身のキャリアで、将来的にどのようになりたいかという目標を持って計画を立てます。

人生設計での働くことに関するプランニングになります。

どのような職業に就いたいか、その職業で職歴やスキルアップするためにどのような会社を選ぶのかなどです。

長期的に将来を見据えて、自分の仕事の目標に向けてどのようなステップを踏めばいいかの計画を立てます。

キャリアプランには、どのような職種の仕事をするかだけでなくどのような働き方をするかという意味もあります。

キャリアプランには、

・「どのようなスペシャリストになるのか」・「どれくらいの収入を目標にするのか」

・「どのような資格を取得するのか」「管理職を目指すのか、専門職を目指すのか」

・「フリーランスとして在宅で仕事をするのか」・「勤務地はどこにするのか」なども含まれます。

入社してから定年退職まで継続勤務していた時代には、会社が社員のキャリアプランを考えて転勤・部署異動・昇給・昇格を決めていました。

最近の一般企業では、年功序列で定期的に給与が上がる会社は珍しくなっています。

定年まで自分の報酬が保証されている時代ではありません。

やりがいのある職種でキャリアアップを図りたいという人は、自分でキャリアプランを描くことが必要とされています。

 

キャリアプランのメリット

 

キャリアプランのメリットを紹介します。

・長期的な目標を立てることで、自分の志向が定まります。

・将来プランの目標に向かうことで仕事に対するモチベーションが上がります。

・キャリアプランは、自己PRにも活用できます。

・キャリアプランによって、自分がやりたいことやできることが明確になるので具体的に自己アピールができます。

・キャリアプランを明確にすることで、やらなければいけないことの優先順位がブレません。

次に、キャリアプランとキャリアパスの違い・キャリアパスの使い方・キャリアプランの具体例などの紹介をします。

 

キャリアプランとキャリアパスの違い

 

crr_ls_img01

 

キャリアパスは、経営学用語になります。

一般企業の社員が、ある職位に就くまでに辿る経験や順序のことをキャリアパスと呼びます。

個人の視点からのキャリアパスは、将来自分が目指す職業を踏まえた上でどのような形で経験を積んでいくかという順序・計画になります。

会社における出世の道標のようなものです。

キャリアプランとキャリアパスの違いを知ることで、仕事へのモチベーションをアップできます。

キャリアパスの使い方は、その企業にある目指すべきビジョンに辿り着くためにあります。

キャリアパスに従って一つひとつキャリアを積み上げてビジョンに辿り着きます。

キャリアプランの具体例では、最終的に達成したい目標・目標達成のための計画・目標達成のために現在取り組んでいることなどがあります。


PAGE TOP