つばのついた帽子、キャップ、野球帽子の洗濯機での洗い方

Sponsored Link

帽子は洗濯機では洗濯できません。

つばが付いた野球帽子の洗い方はつけ置き洗いです。

つばが付いた帽子は、熱中症予防や紫外線を避けるだけでなくファッションでも大切なアクセントになっています。

ファッションや熱中症予防・紫外線除けで活躍する「帽子」を長く使い続けるためには、型崩れと色落ち防ぎが大切なポイントになります。

長年使っている「帽子」に付着した汚れや臭いが気になりませんか?

汚れや臭いをサッパリと洗い流せる方法があれば助かります。

洗濯機でサッと洗いたいけど帽子の型崩れや色落ちが心配という人も多いのではないでしょうか。

洗濯機で、帽子を型崩れ・色落ちしないように洗えれば嬉しいですね。

 

次に、帽子を洗う方法・洗濯機で洗える帽子・つばの付いた野球帽子の洗い方などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

帽子を洗う方法

 

20150610-Nakamura-photo5

 

帽子は洗濯機で洗うと型崩れするので手洗いが原則になります。

帽子の洗い方の基本はつけ置き洗いになります。

バケツや洗面器などを使って、つけ置き洗いをすれば帽子が型崩れする不安はありません。

帽子の洗い方で、型崩れの次に気になるのは色落ちです。

帽子の色落ちを防ぐには、帽子の洗濯表示を確認することで防げます。

洗濯をする前に帽子のラベルの洗濯表示を必ず確認します。

洗濯表示を確認すれば、色落ちしないかどうかが分かります。

帽子が洗濯して色落ちしないか否かを確かめるには、中性洗剤を含ませた白い布で丁寧に帽子の生地をたたく方法があります。

帽子の生地をたたいた白い布に帽子の色が付着していないかを確認します。

白い布に帽子の色が付着していなければ、帽子の色落ちがないので洗えます。

つけ置き洗いでは、バケツ(洗面器)に入れたぬるま湯に洗剤を溶かしえて帽子を浸けます。

バケツ(洗面器)の中の帽子を押し洗いしながら汚れを落とします。

押し洗いしたらタオルに包んで水気を取ります。

タオルで水気を取ったら、内側に布やタオルを入れて帽子が傾かないようにして風通しの良い日陰で乾かします。

次に、洗濯機で洗える帽子・つばの付いた野球帽子の洗い方などの紹介をします。

 

洗濯機で洗える帽子

 

帽子は手洗いが基本です。

洗濯機で洗うと型崩れや色落ちをします。

洗濯機で洗える帽子の種類は、「型崩れ」をしない帽子になります。

つば・キャップが付いた帽子・麦わら帽子などの型がある帽子を洗濯機で洗うのは避けてください。

洗濯機で洗える帽子の主な素材は、ポリエステル・綿・ニットになります。

柔らかくて折りたためるタイプの帽子・洗濯機で洗える素材だと思っても、洗濯する前には必ず「絵表示」を確認します。

洗濯機で洗えるかどうかを確認してから洗うのが大切です。

次に、つばのついた野球帽子の洗い方を紹介します。

 

つばの付いた野球帽子の洗い方

 

img60792647

 

帽子は基本的に洗濯機では洗えません。

つばが付いた野球帽子の洗い方はつけ置き洗いをおススメします。

洗濯機で洗える野球帽もあります。

洗濯機で野球帽を洗うと型崩れの心配があります。

型崩れ予防のために野球帽を洗濯ネットに入れれば良いのではと思われます。

しかし、洗濯ネットに入れても野球帽の型崩れを防ぐことはできません。

洗濯機で野球帽を洗うときに型崩れを防ぐ便利グッズが「キャップウォッシャー」です。

「キャップウォッシャー」は野球帽やサンバイザーに対応しています。

洗ったら、水気を切って帽子の中にタオルを入れて型崩れを防ぎながら風通しの良い日陰で乾かします。


PAGE TOP