プリザーブドフラワーの手入れ方法、保存方法、保存期間

Sponsored Link

プリザーブドフラワーは、生花や葉を特殊液の中に沈めて水分を抜いたものになります。

プリザーブドフラワーの特長は、・水を与える必要がないのでイベント等の花デコレーションに向いています。

生花のような短期劣化がないので、プリザーブドフラワー利用者にストレスを感じさせません。

生きた植物と比べても遜色のない、瑞々しい質感と柔らかさを表現できます。

軽く携帯に便利で、保存環境が良ければ形状を長期間キープできます。

生花のような花粉アレルギーの心配がありません。

花粉アレルギーの心配がないので病院見舞いの花として利用できます。

ウェディングブーケとして利用に適しています。

デメリットとして、加工しているので単価が高くなります。

柔軟さがないので生花よりも破損しやすくなります。

湿気に弱く、強い紫外線で少しずつ退色します。

長期間、布等に接していると花の染料が色移りします。

色が濃い花と、色が薄い花が長期間接しても色移りします。

 

次に、プリザーブドフラワーの手入れ方法・プリザーブドフラワーの保存方法・プリザーブドフラワーの保存期間などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

プリザーブドフラワーの手入れ方法

 

IMGP0352(2)

 

プリザーブドフラワーの上手な手入れ方法と、プリザーブドフラワーの適切な保存方法を知っていれば、プリザーブドフラワーの保存期間を伸ばせます。

プリザーブドフラワーの手入れ方法を紹介します。

プリザーブドフラワー生花ではないので、水や湿度に弱くなっています。

水をかけたり、湿度が高い場所に置くと花に染みこませた色素が液体になって接触している壁や家具、衣類に移ります。

直接日光にも注意が必要です。

紫外線で、花びらの色褪せ・液ダレ・鮮度等に悪影響があります。

プリザーブドフラワーは直射日光が当たらない風通しの良い所に保管してください。

プリザーブドフラワーのホコリは、お化粧で使うチークブラシ等の先のやわらかいものを使ってとります。

なるべく毛が柔らかいものを使います。

次に、プリザーブドフラワーの保存方法とプリザーブドフラワーの保存期間を紹介します。

 

プリザーブドフラワーの保存方法

 

TU701104pm03

 

プリザーブドフラワーの手入れ方法では、お化粧に使う柔らかいブラシでホコリをとるのがポイントです。

プリザーブドフラワーの保存方法では、水気・湿気・紫外線に注意してください。

直射日光と避けた風通しの良い場所に置きます。

水気・湿気・紫外線・風を避けるためにクリアケースに入れている人もいます。

保存しているときに花びらが透ける原因は湿度です。

シリカゲルなどの乾燥剤と一緒に密閉された箱に入れて数日すれば元の状態になります。

花びらが割れた場合は修復不可能です。

ひび割れた花びらをカットするしかありません。

次に、プリザーブドフラワーの保存期間を紹介します。

 

プリザーブドフラワーの保存期間

 

プリザーブドフラワーのホコリの手入れ方法は化粧用のブラシを利用してください。

プリザーブドフラワーの保存方法で気をつけるのは、水気・湿気・紫外線・風・ホコリです。

プリザーブドフラワーの基本的な保存期間は2~3年とされています。

半永久的に保存期間があるなどという人もいますが、日本の気候はプリザーブドフラワー向きではありません。

日本は湿度が高いのでプリザーブドフラワーが長持ちしません。

直射日光・湿度・風邪を避けてクリアケースなどに入れて保存すれば、3~4年程度はキレイな状態の花を楽しめます。

実際の保存期間は保存方法でも変わりますが3年以上はないと考えるのが無難です。


PAGE TOP