ネモフィラの花言葉、開花時期。ひたち海浜公園ネモフィラの丘

Sponsored Link

ネモフィラはムラサキ科ネモフィラ属に分類される植物になります。

ネモフィラは耐寒性一年草になります。

ルリカラクサは、種として園芸上ネモフィラと呼ばれています。

ネモフィラ属は、カナダ西部からアメリカ合衆国西部・メキシコ・アメリカ合衆国東南部に11種が分布しています。

国営ひたち海浜公園のネモフィラが有名です。

国営ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にある日本の国営公園になります。

国営ひたち海浜公園の総面積は350haです。

公園の面積は東京ディズニーランドの5倍程度あります。

現在公園として利用されているのは南側の191.9ha(開業中の面積)になります。

国営ひたち海浜公園は茨城県内での花の名所になります。

・4月頃のスイセン・チューリップ

・5月頃のネモフィラ

・10月頃のコキア(ホウキグサ)などの開花時期には、キャンペーンイベントも行われています。

4月頃のスイセン・チューリップ・5月頃のネモフィラ・10月頃のコキア(ホウキグサ)などの開花時期には多くの人で賑わいます。

 

次に、ネモフィラのこと・ネモフィラの開花時期・国営ひたち海浜公園のネモフィラなどの紹介を紹介します。

 

スポンサーリンク

ネモフィラ

 

353A6551-1000x666

 

ネモフィラの草丈は10~20cmで、茎は匍匐性(ほふくせい)で横に広がります。

ネモフィラの葉には羽状の深い切れ込みがあります。

茎と葉に柔毛があります。

ネモフィラの花は一般的には4~5月に開花します。

花径は2cm程度で白に空色または青紫色の深い覆輪で、中心部に黒い点が5つあります。

ネモフィラは家庭でも育てられます。

秋分の頃に花壇などに直まきします。

箱などにまいて小苗のうちに移植する方法もあります。

比較的寒さに強い丈夫な草花なので、花壇・鉢植え・プランター植えなどにおススメです。

次に、ネモフィラの開花時期・ひたち海浜公園のネモフィラについて紹介します。

 

ネモフィラの開花

 

MARIIMG_3248_TP_V

 

ネモフィラの開花時期は5月頃になります。

国営ひたち海浜公園のネモフィラも5月頃です。

国営ひたち海浜公園ではネモフィラの開花時期にはキャンペーンイベントが行われています。

ルリカラクサともいわれるネモフィラの原産地は北アメリカ・カルフォルニアになります。

ネモフィラの発芽温度は15~20℃になります。

日当たりの良い花壇や鉢植えで育てられます。

地植えをするときには、日当たり・水はけのよい場所がポイントです。

酸性土を嫌うので注意してください。

耐寒性が強いので育てやすいですね。

開花時期は寒地では7~8月中旬になります。

寒冷地では6月中旬~7月中旬になります。

温暖地では4月中旬~5月終わり頃までになります。

暖地では4月初旬~5月中旬になります。

 

国営ひたち海浜公園のネモフィラ

 

ネモフィラの開花時期は、寒地・寒冷地・温暖地・暖地で違います。

国営ひたち海浜公園のネモフィラの見頃は4月下旬~5月上旬になります。

公園内の場所は「みはらしの丘」になります。

国営ひたち海浜公園で使用しているネモフィラは「インシグニスブルー」という流通量が多い品種になります。

公園内で使われているネモフィラと同じ品種は園芸店やホームセンターで購入できます。


PAGE TOP