飛行機で耳抜きをするタイミング

Sponsored Link

飛行機で耳抜きをするタイミング

飛行機が離陸して高度を上げるにしたがって耳がツーンとなった経験がある人は多いと思います。

耳抜き(飛行機)が上手にできればスッキリしますが、耳のツーンが治らないとせっかくの旅行が不快になってしまいます。

耳のツーンの原因は「気圧」です。

飛行機の離陸や着陸の時に耳がツーンと痛くなるのは「気圧」の変化によるものです。

飛行機が離陸して上空に上がると「気圧」は減少します。

飛行機が上空から下降して離陸をすれば「気圧」は増加します。

陸上では1気圧で快適に暮らしている体は、急速な気圧の変化に対応できない時があります。

飛行機内の気圧は一定を保つような機能があるので本来の気圧の変化よりは体に与える影響は少なくなっています。

それでも気圧変化に敏感な人は耳がツーンと痛くなります。

耳がツーンと痛くなるのは、急速な気圧の変化で中耳の空気が急速に膨らんで耳を圧迫するからです。

耳がツーンと痛くなったら、中耳にかかっている圧欲と耳にかかっている圧力を同じにすれば治ります。

 

次に、飛行機で耳抜きをするタイミングや改善方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

耳抜きの方法

 

img7

 

飛行機に乗っているときに耳がツーンと痛くなったことはありませんか。

飛行機が離陸や着陸をするときに気圧の変化で耳がツーンとなります。

耳がツーンと痛くなったときの対処方法には6つあります。

・飛行機の離陸時や着陸時にはアメやガムを食べる

・鼻をかむ・あくびをする・鼻をつまむ・耳栓をする

・唾を飲み込むなどです。

離陸時や着陸時の耳のツーンを予防してアメをなめるなら大粒のすっぱいのが良さそうです。

鼻水がでていなくても鼻をかめば耳のツーンを改善できます。

「あくび」をする方法も簡単でおススメです。

耳の不快感が改善されるまで何回も「あくび」をします。

 

イヤープレーンやサイレンシアフライト

 

 

飛行機で耳抜きをするタイミングや改善方法を探している人にはイヤープレーンやサイレンシアフライトをおススメします。

イヤープレーンは、気圧の急速変化による耳のツーンを予防する耳栓です。

イヤープレーンの安全性はアメリカでも高評価の耳栓です。

イヤープレーンは飛行機が離陸する前や着陸する前に使います。

飛行機が水平飛行して気圧が安定しているときには取り外します。

アマゾンでは1ペア620円で販売されています。

サイレンシアフライトは気圧コントロール機能付き耳栓です。サイレンシアフライトにはいろいろなタイプがあります。価格は1000程度です。

 

鼻をつまんで耳抜き

 

111216valsalva

 

イヤープレーンやサイレンシアフライなどの気圧コントロール機能付き耳栓は耳のツーンを予防します。

飛行機で耳抜きをするタイミングは離陸や着陸で耳がツーンと不快になったときです。

改善方法には気圧コントロール機能付き耳栓を使う方法もありますが、鼻をつまんで改善する方法もあります。

・ステップ1-鼻をつまみます

・ステップ2-鼻をつまんだ状態でゆっくりと鼻から息を出すようにします

ステップ3-耳に空気が入って耳のツーンが改善します

鼻をつまんで耳のツーンを改善する方法は、息をゆっくり出すようにすることです。

 


PAGE TOP