春分の日の意味と縁起の良い食べ物。時期はいつ?

Sponsored Link

春分の日の食事ではどのような食べ物を食べると縁起が良いのでしょうか。

春分の日は、天文観測による春分が起こる春分日が選定されて休日とされています。

春分の日は、日本の国民の祝日の一つになります。

春分の日がいつになるかは天文観測によって決められた春分日によります。

 

次に、春分の日のこと春分の日の食事や春分の日がいつになるかなどについて紹介します。

 

スポンサーリンク

春分の日

 

春分の日

 

春分の日の食事では縁起の良い食べ物をたべませんか。

春分の日がいつになるかは天文学で将来まで分かりますが、前年でないと決まりません。

春分の日は「昼と夜の長さが等しくなる日」と言われていますが、実際には昼のほうが少し長くなっています。

天文観測による春分日が春分の日になりますが、春分日がいつになるかは国や地域の時差によって1日程度の違いがあります。

日本での春分日は、ほとんどが3月20日や3月21日になります。

春分の日は昭和23年(1948年)に公布・施行された「国民の祝日に関する法律」によって制定されています。

春分の日の施行日は毎年3月20日から3月21日頃の1日に定められています。

祝日法では「春分日」としているので春分の日の日付は指定されていません。

 

春分の日の食事

 

was0015-049

 

春分の日の食事は縁起の良いものを食べましょう。

春分の日がいつになるかは前年にならないと分かりませんが、日本の春分の日は3月20から3月21日頃になります。

春分の日の縁起が良い食べ物には、「ぼた餅」があります。

「ぼた餅」は、もち米をあずき餡で包んだ美味しい和菓子になります。

おばあちゃんの手作り「ぼた餅」が懐かしいと思われる人も多いのではないでしょうか。

「ぼた餅」は春の花の「牡丹」から名が付けられているようです。

秋分の日には縁起の良い食べ物として「おはぎ」をたべますが、秋の花の「萩」から名が付けられています。

春分の日の縁起の良い食べ物の「ぼた餅」と、秋分の日の縁起の良い食べ物の「おはぎ」は同じ食べ物です。

 

春分の日はいつになるか

 

春分の日の食事の食べ物では「ぼた餅」が知られています。

春分の日がいつになるかは、法律によって前年にならないと分かりません。

春分の日は、毎年国立天文台が「春分日」を含め作成する翌年の「暦象年表」に基づいて施行年の前年に閣議で決定されます。

閣議で決定されてから2月第1平日付の官報で政令「暦要項」に「春分の日」として公告されます。

「暦象年表」以降の春分日も天文学では計算できますが、閣議での決定や官報での政令の告示などの手続きがあるので正式には「春分の日」は公告でしか確定しません。

天文計算での「春分日」は、1993年からは閏年翌年も3月20日になるので2年毎に日付が変わります。

2027年以降は閏年前年のみ3月21日なり、その他は3月20日になります。

2056年~2100年まではほぼ3月20日になるようです。

只、2092年・2096年だけに3月19日に春分日が現れます。

結論では、天文学では計算できますが、閣議や公告などの手続き上前年にならないと「春分の日」は決まらないということになります。


PAGE TOP